田園 都市 線 終電。 東急田園都市線

プレスリリース , 東京急行電鉄, 2019年7月1日 , 2020年5月23日閲覧。

前者は、1979年8月からの全面直通運転開始以降、田園都市線と新玉川線が事実上ひとつの路線であるにもかかわらず、二子玉川駅を境に異なる二つの名称の路線が存在し、利用者から「わかりにくい」という意見があったことなどから行った措置である。 なお、この複々線は田園都市線と大井町線の方向別複々線となるが、・の両駅は田園都市線の線路のみにホームが設置され、大井町線は朝夜間の一部と日中1時間当たり4本程度の列車を除き両駅を通過する。

8

翌年のダイヤ改正より運転時間帯を10分拡大し(渋谷着7時50分 - 9時00分)運転本数が16本に増加したほか、のダイヤ改正ではさらに拡大(渋谷着7時42分 - 9時05分)して20本となった。 のダイヤ改正で平日朝ラッシュ時の下りにも急行を置き換える形で設定され、加えて平日・土休日の日中にも上下線で毎時2本が新設されたことで、運転時間帯が大幅に拡大した。 電車の速達性 大井町線を改良して本数を増やしたが、朝ラッシュは急行を運転しないので速達感は低い。

混雑緩和への対策 先述した激しい混雑に加え、田園都市線沿線の人口は、全国的に減少傾向にある昨今においても頃まで増加を続けると予測されている。

17

カーブ、トンネル、切り通しあるいは高架が連続し、地表を直線的に進む区間は少ない。 そのため、一部区間の複々線化による輸送力増強やオフピーク通勤の推進など、ハード・ソフト両面からの混雑緩和対策を行っている。

9

渋谷駅発着の列車は一部に限られ、ほとんどの列車は東京メトロ半蔵門線へ乗り入れて運転されている。 のダイヤ改正で、平日朝ラッシュ時に運転されていた上り急行のうち朝8時台に渋谷駅に到着する13本について準急に置き換えられた。

6

長津田までは上記の通りに1966年に開通したが、その先は(1968年)、(1972年)、(1976年)と徐々に西方へ路線が延伸され、1984年4月9日に中央林間駅までの全線が開業した。 この日から大井町線の二子玉川 - 溝の口間への乗り入れが朝夕の数本を除き休止される。

16