印紙 税額 一覧 表。 印紙税が必要となるものの一覧表 こんなものでも必要に?

) 記載された契約金額が 1万円未満 非課税 10万円以下 200円 10万円を超え50万円以下 400円 50万円を超え100万円以下 1千円 100万円を超え500万円以下 2千円 500万円を超え1千万円以下 1万円 1千万円を超え5千万円以下 2万円 5千万円を超え1億円以下 6万円 1億円を超え5億円以下 10万円 5億円を超え10億円以下 20万円 10億円を超え50億円以下 40万円 50億円を超えるもの 60万円 契約金額の記載のないもの 200円 平成26年4月1日から平成30年3月31日までの間 に作成される不動産の譲渡に関する契約書については次のとおり。 そのため、基本的に課税文書には『税抜き価格を記載する』ケースの方が多くなります。 注 3 右表の軽減措置は、建設業法第2条第1項に規定する「建設工事の請負に係る契約に基づき作成されるもの」のみ適用となります。

12

所得税が非課税となる普通預金通帳等• 誰が印紙代金を負担するの? 収入印紙の代金は金額が多くなったり、文書が多くなったりすると結構な負担となります。 【平成26年4月1日~平成30年3月31日】 2 記載された契約金額が 印紙税額(円) 主な非課税文書 1万円以上 200万円以下のもの 200 記載された契約金額が1万円未満のもの 200万円を超え 300万円以下 〃 500 300万円を超え 500万円以下 〃 1,000 500万円を超え1千万円以下 〃 5,000 1千万円を超え5千万円以下 〃 10,000 5千万円を超え 1億円以下 〃 30,000 1億円を超え 5億円以下 〃 60,000 5億円を超え 10億円以下 〃 160,000 10億円を超え 50億円以下 〃 320,000 50億円を超えるもの 480,000 【平成9年4月1日~平成26年3月31日】 2 記載された契約金額が 印紙税額(円) 主な非課税文書 1千万円を超え5千万円以下 〃 15,000 記載された契約金額が1万円未満のもの 5千万円を超え 1億円以下 〃 45,000 1億円を超え 5億円以下 〃 80,000 5億円を超え 10億円以下 〃 180,000 10億円を超え 50億円以下 〃 360,000 50億円を超えるもの 540,000. 飲食店等の領収書などでは100万円を超えるケースはあまりないため馴染みがないかと思いますが、契約書や請負代金の領収書など金額が大きな物については消費税を明確に分けて記載しているかしていないかにより収入印紙の金額が変わることもあります。 この場合にも、相殺した金額が分かるように但し書きに記載しておきます。

受領書の場合、金額によって収入印紙の税額も上がっていくのが特徴的です。 つまり、消費税抜きの金額が5万円未満なら非課税です。 《注》 建設工事とは、建設業法第2条に規定する土木建築に関する工事の全般をいいます。

16

4万円 6 定款 (注)株式会社、合名会社、合資会社、合同会社又は相互会社の設立の時に作成される定款の原本に限ります。 1 2 5 10 20 30 40 50 60 80 100 120 200 300 400 500 600 1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,000 8,000 10,000 20,000 30,000 40,000 50,000 60,000 100,000 どういう時に使用するの? 金額は? 収入印紙で納税する税額は取引する額面で変わります。 この場合は1. 受取書(領収書)に貼る印紙税額一覧表(印紙代) 印紙税額は、売上代金に係る受取書と、売上代金以外の受取書の区分によって、次の通りとなっています。

7

収入印紙の交換について 汚損又はき損されていない収入印紙は、郵便局で交換することができます。 出資証券には、投資証券を含みます。 軽減措置の対象となる「不動産譲渡契約書」とは、印紙税法別表第一第1号の物件名の欄1に掲げる「不動産の譲渡に関する契約書」をいいます。

12

4万円 6 [定款] 注 株式会社、合名会社、合資会社、合同会社又は相互会社の設立のときに作成される定款の原本に限ります。

17