再生 可能 エネルギー 電子 申請 システム。 金沢市再生可能エネルギー等導入支援制度

申請時に添付しなかった場合、申請不備として差し戻しされてから添付するか、申請支援代行センターに電話で差し戻しを依頼して添付する必要があります。

太陽電池に係る事項(製造事業者名/種類/変換効率/型式番号/枚数/合計出力) 変更認定申請 調達価格変更の可能性 太陽電池(太陽光パネル)の製造事業者(メーカー)、種類(単結晶シリコンなど)、変換効率、型式番号、枚数、合計出力の変更の際は変更認定申請が必要です。 双方の印鑑証明書【原本】• もし、購入した業者から、IDやパスワードを受け取っていないという方は、すぐに確認し、一度、ログインしてみることをおすすめします。 。

11

また、新制度に関することも経済産業省のHPで色々確認できます。 申請受付期間が9月末までなのでメーカーや業者に確認・依頼するより個人で動いたほうが早いし確実ですね。 都道府県、市町村、特別区、これらの組合及び合併特例区その他政令で定める公共団体• 「再生可能エネルギー電子申請」ページで「新規登録」を行い、新しくログインIDを取得します。

12

物件目録• そのためには、事業が確実に実施されることが見込まれる事業計画でなければならない。 1通目のメールは、設置者IDのパスワードを設定するメールです。 「設備ID紐付け依頼書」はでダウンロードできますので、印刷して必要事項を記入し、実印を押印します。

5

添付書類(変更内容ごとに異なります)• 参考ページ• インターネットで提出する場合は、所在地住所の記入欄の追加ができるので、追加して全てを記入します。 未登録の場合はまず「新規登録」を行ってから手続きに進む。 の書類は不要です。

代行事業者に確認が取れない場合は、 でご案内している手続により、電子申請システムのログインIDを照会の上、当該IDにてシステムにログインし、設備IDを確認することができます。 (電力会社申請は地域差や案件の複雑さにもよりますので、あくまで目安です) 業者がJPEAに申請したのはいつ頃かわかりますか? JPEAは9月以降、みなし認定移行処理でてんてこ舞いですので、新規認定にも時間がかかっているものと思います。

18

事業実施体制図 事業計画を実施するための事業体制(保守点検会社等の事業実施関連会社など)を明らかにする書類の添付が必要である。 太陽光発電の変更をする際に必要な手続き【変更認定申請、事前変更届出、事後変更届出】• 自家発電設備等の仕様書 50kW未満太陽光は不要) 調達価格が変更されるケース 以下のすべてにあてはまる案件• 事業譲渡等による事業者名変更の場合(生前贈与なども含む) 変更認定申請 申請に必要な添付書類• 事業計画認定取得までの全体像 まずは、全体像を把握しましょう。 あとは、定期報告登録の各項目に沿って、入力していくことになります。

15

, , , 太陽光パネルを変える、パワーコンディショナーを変える、など、事業計画認定を受けた内容から変更するケースはよくあります。 それ以外の理由で接続契約締結日が変更される場合は、変更認定申請、届出は不要です。

2