夏代 の マジック。 【夏夜のマジック/indigo la End】歌詞の意味を徹底解釈!憂う心に吹き込む涼しい風とは?

弁護士の兵藤からでした。 大部屋のため、隣から咳き込む音が。

11

第6話の感想 そうかぁ。 どうも女将と自分の旦那が付き合っていると勘違いしているようなんです。 誰にも言えなかった秘密を、ようやく言えたし。

17

そして、女将と板長の写真を取り出します。

9

波江は、折り紙を購入したそうです。 配信形式では、状況が時時刻刻と変化する中でも、何処に誰と居てもひとりでも、海外からも小さなお子さんと一緒にも、多様な環境から画面を介して音楽でつながれることを皆様と共有できましたらと、新しい時代の楽しみ方を考えております。 波江は鉄平の部屋から救急セットを持っこようとしますが、偶然、鞄の中の大金を見てしまうのです。

15

「ごめん」と謝る鉄平に、「なんで謝るの?」と笑う波江。

15

主人公は大きく傷ついたことでしょう。 女将のアパートから帰ろうとする板長、女将を抱きしめようとしているような板長。 すごいなぁ。

20

実家を離れて、欅野に来るという決意ができるかどうか…。 そこへ波江が通りかかりました。 板長の妻・櫛木周子。

18

女将は、こちらの男性(鉄平)とも付き合っているのよ!と写真を。 差額ベット代を支払うのは難しいが、他の大部屋が空いたら移れるよう病院に掛け合ってみる、といった夏代でしたが。

4