健康 保険 法 施行 規則。 健康保険法施行規則

第1節 通則• (平成三十年厚生労働省令第百二十三号)• (分割の認可の申請)第八条 法第二十四条第一項の規定による健康保険組合の分割の認可の申請は、次に掲げる事項を記載した申請書を厚生労働大臣に提出することによって行うものとする。 及び第十条 見出しを含む。

18

委員長に事故があるとき、又は委員長が欠けたときは、あらかじめ委員長が指名する委員がその職務を行う。 今回のリニューアルでは、ご利用くださっている皆様に、 業界の流れや経営課題により沿った情報収集をしていただけるように、 カテゴリの見直しと追加をいたしました。

2

以下この節において同じ。 )を選択しようとするときは厚生労働大臣に、健康保険組合を選択しようとするときは健康保険組合に提出することによって行うものとする。 検索いただけるお困りごとは以下の通りです。

20

に規定する特例適用利子等の額、同法第8条第4項 同法第12条第6項及び第16条第3項において準用する場合を含む。 )第七条の六第一項第十号の厚生労働省令で定める事項は、保険料に関する事項、協会が行う法第百九十八条第一項の規定による命令、質問及び検査に関する事項並びに健康保険委員(協会が管掌する健康保険事業の運営に協力して、協会が管掌する健康保険事業に関する国民の理解を高めるための啓発を行い、並びに協会が管掌する健康保険事業に関する事項につき被保険者からの相談に応じ、及び被保険者に対する助言その他の活動を行う者をいう。 持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律の一部の施行に伴う関係政令の整備に関する政令• もお読みください。

5

法第三条第一項第九号の厚生労働省令で定める場合 第2条 前条第一項の選択は、同時に二以上の事業所に使用されるに至った日から十日以内に、次に掲げる事項を記載した届書を全国健康保険協会(以下「協会」という。

3 事業主は、当該事業主に使用される者が過半数代表者であること若しくは過半数代表者になろうとしたこと又は過半数代表者として正当な行為をしたことを理由として不利益な取扱いをしないようにしなければならない。 H27. 及び第七条の二の三 見出しを含む。

1

)に限る。 (平成三十一年厚生労働省令第六十号)• この場合において、同時に厚生年金保険法第八条第一項の認可を受けようとするときは、健康保険任意適用取消申請書にその旨を付記しなければならない。 (事業状況の報告)第十四条 健康保険組合は、別に厚生労働大臣が定めるところにより、毎月の事業状況を翌月二十日までに管轄地方厚生局長等(当該健康保険組合の主たる事務所の所在地を管轄する地方厚生局長等をいう。