N バン カラー。 ホンダ新型N

プレミアムベルベットパープル・パール N-BOXカスタムのみに設定されている+3万2400円の有償色。

4

サーフィンや旅がテーマになっており、サーファーが全国のサーフスポットをN-VANで車中泊しながら楽しむといったカスタムの方向性で仕上げられました。 またN-BOXカスタムは+5万9400円でクリスタルブラック・パール&レッドという赤いルーフの2トーンカラーを選べます。 保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用は別途必要です。

7

N-BOXのピンクのボディカラーも注目を浴びますが、黒いボディに赤いルーフは他のクルマではあまり見ない挑戦的な組み合わせだからです。 カラーリングはTEAM MUGENのトランポを意識し硬派な印象。

一般的な商用バンに比べて格段に低床設計で、荷物の積み降ろし性は良さそう。

4

約60万GET しました。 サンバーなどで定評のあるオーバーテックのリフトアップスプリングにさっそくN-VAN用が仲間入りです。 CR-Z懐かしい^^; 軽自動車ではハスラーも獲得しているんですね。

タイヤはトーヨータイヤのオフロード向けタイヤであるオープンカントリー、さらに下回りやリアハッチに 特殊塗料「LINE-X」を施してラフロードでの走破性を高めています。 プレミアムイエロー・パールII 鮮やかな黄色で、N-BOXのみに設定されている+3万2400円の有償色。 そこで、グリーンが売れにくく、ハードルが高いイメージに取られてしまう理由は何だろう?というところから改めて考え、再チャレンジすることにしました。

15

N-VANのボディーカラーは10色ですがモデルによって選べる色が異なります。

11

軽商用車がベースとなれば、どうしても気になるのは、室内空間の広さだと思う。 さらにN-BOXカスタムには+8万1000円でブラックルーフの2トーンカラーも選べます。

7

ドライブルートは東京を出発し、北関東の渡良瀬、宇都宮から福島浜通りのいわき、浪江町へ。

7