武漢 日記 amazon。 寫武漢疫情批官員表現 《方方日記》德文版 6.4 發行 被斥為西方反中力量供彈藥

如有對外銷售,實乃違法。 ユーラシア東西交渉史、中国史、現代中国論。 男の作家が同じように発信していれば、同じように叩かれたんじゃないでしょうか。

日本でも、3・11のときに「震災文学」なんて言われかたがあり、それは書いた側がそう意識したというより、外側からくくったという感じでしたが、このコロナ禍で、国内外問わず、物書き、とりわけ小説家の人たちがどういう作品を残していくのかが気になります。

17

まったくない、とは驚きです。 著者は感謝し、祈りを捧げる。 飯塚:中国のおかしなところはおかしいと言わなきゃいけないんですが、一方で参考になるところもたくさんあります。

6

『武漢日記』の訳者の1人である飯塚容さんと、著者のストロングスタイルにたくましさを感じた、と言うライターの武田砂鉄さんが、コロナ禍における政府の対応や日本人の災厄への向き合い方、いま多くの日記文学が生まれている理由まで、縦横無尽に語り合いました。 全体として、自分たちの仕事を成し遂げた、という誇りが感じられます。

9

なんと日記の最終日からわずか2週間を置いての翻訳出版であり、その時点で 原文の国内版は出版されていないし、いまもなお出ていないとのこと。 「常識とはとりわけ深刻なものである」など、印象的でした。

4

飯塚容 以下、飯塚 :そういう世の中になってしまっていますね。 国民のメディアとの付き合い方は千差万別なのでしょうが、どのように付き合っている人が多いんでしょうか? 飯塚:政府系の巨大メディアがたくさんあります。

5