ヘント の 祭壇 画。 日曜美術館「光の探求者ヤン・ファン・エイク」(2020.02.16)

また 空気遠近法と呼ばれる、 ものが遠ざかるにつれて空気の層を通して青く淡く見えていくという原理を初めて使いました。 外装中段に描かれているのは聖母マリアのである。 王立文化遺産研究所()の美術修復家らは2012年に作業を開始し、最近の数か月は羊の頭が描かれた祭壇画中央部のパネルに上塗りされた絵の具を除去する作業を集中的に行っていた。

今回は ファン・エイク兄弟の弟で、神の手を持つといわれた ヤン・ファン・エイクと《 ヘントの祭壇画》についてまとめていきます。 熱い灰が祭壇画に降り注いだ、消防隊が炎から急いで救おうとして、「子羊の礼拝」の大パネルが横に2つに割れてしまった。

画像出展元:テレビ番組「日曜美術館」より 例えば、作品に赤外線を投射することで表面の下に隠れた制作当初の絵を確認することができます。 神秘の子羊 [ ] 『ヘントの祭壇画』の主題である祭壇上の神秘の子羊。 上部の聖霊から出る光は、集い来る礼拝者たちに注がれている。

1

1432年に完成したヘントの祭壇画は、 およそ600年の間に幾度も修復や加筆がほどこされています。 外装下段は縦四つに仕切られており、内側部分には単色ので表現された彫像のようなとが、外側部分には『ヘントの祭壇画』の制作依頼主であるヨドクス・フィエトと妻エリザベト・ボルルートの肖像 が描かれている。 のあとがフランス皇位に就き、戦利品と称してヨーロッパ諸国から多くの美術品を略奪した。

8

この記述に、補足したいことを Faggin から抜粋する。

10

美術史家エリザベト・ダネンスは「誰がソプラノで、誰がアルトで、誰がテナーで、誰がバスかは一目瞭然」と主張している。 多色使いのガブリエルの翼、上下が逆さまになった文章、光線の表現、ガブリエルとマリアを隔てる簡素な室内などである。 修復前まで見ていた《 ヘントの祭壇画》は描かれた当時の姿とは異なっていたのです。

その後ドイツの戦況が悪化し連合国の空軍による空襲が開始されたため、『ヘントの祭壇画』はノイシュヴァンシュタイン城からオーストリアのアルタウッセへと運ばれ、他の多くの美術品と共に当地の岩塩坑に隠匿された。 The Fifteenth-Century Netherlandish Paintings. 王冠には下段の「神の子羊」のパネルとを結ぶ役割が与えられており、おそらくは下段の押し寄せる群集が神に表する崇敬の念の象徴となっている。

来歴 [ ] シント・バーフ大聖堂に展示されている『ヘントの祭壇画』。

11