超 低 遅延 モード。 レグザの超低遅延を西川善司がプロゲーマーのガチくんと検証! ~超低遅延vs遅延ありならアマチュアでも世界王者に勝てる!?

私のほうでも検証したところ、12~16秒程度の遅延が あることを確認しました。

20

ちなみに現在、「Z730Xシリーズ」の後継機種として発売されているのが「Z740Xシリーズ」になり、「瞬速ゲームモード」はそのまま搭載されており、高画質技術も進化しているので、さらにおススメである。

20

を参照 バッファサイズ• n次創作者がインセンティブを受け取れる試み「n次流通プロジェクト」とは?• 動画をダウンロードしておく。 436. また、最大約4時間連続の通話や最大約4. ただ、視聴者側の回線環境が悪い場合は、 映像が一時的に途切れることがあるかもしれません。 「OK」をクリックする。

この程度の遅延であれば、ライブ配信でも違和感はないでしょう。 「仕事もゲームでも使いたい!」現役Yogaノートユーザーが最新機種を本気で使ってみた• 低遅延• 超低遅延 の3つが用意されています。

11

低遅延モードが使えるようになると、ダッシュボードに上記のようなお知らせが表示されます。

15

5秒か6秒というのはまずあり得ません。

11

配信サイトの遅延軽減設定を有効にする• 配信ソフト側の設定すら要らない 今までの設定のままでOK という驚きのお手軽さ。 配信中、 「配信ソフトの」画面に映っている経過時間から、「配信サイトの」画面に映っている経過時間を引く。

3

一方で、レグザの瞬速ゲームモードは、ゲーム専用に開発されたディスプレイに勝るとも劣らない低遅延であることもわかった。 配信サイトによっては、 配信画面上の操作で遅延を確認できる場合があります。 LINE LIVEの遅延ですが、体感5か6秒程度の可能性が高いです。