アナンダ マイド。 なぜみんな焼き肉が好き?→科学的にも幸せだな~と感じるから。アラキドン酸、アナンダマイド、トリプトファン+糖→セロトニンの3脳刺激で幸福に!

反対にうつ病患者はセロトニンが不足していることがよく知られています。 ステーキの調味料とご飯のお供。 つまり「肉を食べる」という行為は脳内麻薬の生成・分泌、快楽、快感にダイレクトにつながっているのです。

大学の略称は浜医大、浜医、浜松医大。

牛肉や豚肉の脂肪に含まれている必須脂肪酸の1つ「アラキドン酸」。 動物体内にあり、特にに多い。 「生肉ユッケ」を・・・ 検索して、山形牛の生肉ユッケであることが判明。

4

100gの肉中のアラキドン酸の含有量は、、 鶏の胸肉に67mg 牛サーロインでは25mg、 豚の赤身では46mg、 マグロの赤身では16mg。 食肉に含まれる生理活性物質とは? 食肉はおいしくて栄養がある優れた食品ですが、それに加えて「生理活性物質」と呼ばれる体の働きを調節するさまざまな物質を含むことが、わかってきました。 アナンダマイドの元となるのは脂肪酸。

14

そして、アナンダマイドは、マリファナの成分と反応する受容体と結合する脳内の物質であることも判明しているのです。

13

アラキドン酸の一部は脳内で「アナンダマイド(アナンダミド)」という物質に変化しますが、この物質は別名「至福物質」とも呼ばれ、幸福感や高揚感をもたらすことが知られています。

16

このアラキドン酸は果物や野菜には全く含まれていません。

12