高架 線 歌詞。 ELLEGARDEN 高架線 歌詞

ELLEGARDENさん『高架線』の歌詞 コウカセン words by ホソミタケシ music by ホソミタケシ Performed by エルレガーデン. ほんの少し前に 手に入れたような未来を 思い出と一緒に 丸めて投げ捨てた まだ先は長いよ 荷物はもういいよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる ゆっくりと傾く 足元に気をつけて 思うよりあなたは ずっと強いからね 耳鳴りがやまないな 君の声がまだ聞こえるよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる 何億年も前に つけた傷跡なら残って 消えなくてもいいさ 痛みはもうないからね 血のにじんだ足跡 置いていかれた記憶も 誰にだってあるだろ 隠すつもりもないけど I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる Her name is Laura. 変わってゆくものと決して変わる事のないもの そこに行くまでの高架沿いを最近は歩いたかな 必ずあるものが無くなってしまうと 心の柱を無くしたようで逆に涙も出やしない ガード下を東へトボトボと歩けば この僕の全てを作った場所にふと来ていた 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 当たり前の日々を忘れさせる そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎて行くのさ あの頃と同じ様に 変わってゆくものと普遍を感じさせるものが 僕はどちらを選んでいいのか ホントに分からない 思い描いていた理想の将来は 今じゃ遠い昔の事だと途方に暮れている クソ安い居酒屋でいつも夜が明けるまで 夢にだまされた奴らとよくバカをしたものです 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 見慣れた町並みの中にあった そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎる度に 行く先を示してくれた 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 当たり前の日々を輝かしてくれる そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎて行ったのさ これまでの僕の上を そしてこれからも そしてこれからも 高架線の列車の音を 聞きながら僕は歌っていくのさ もはやそれは変わりはしない 場所を変えども 歳は喰えども 高架線の列車の音と 共にこれからも歩んでいくだろう 我が地元神戸の街で. 試聴する KKBOXを起動 高架線 作詞:Takeshi Hosomi 作曲:Takeshi Hosomi ほんの少し前に 手に入れたような未来を 思い出と一緒に 丸めて投げ捨てた まだ先は長いよ 荷物はもういいよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあると ささやいてる ゆっくりと傾く 足元に気つけて 思うよりあなたは ずっと強いからね 耳鳴りがやまないな 君の声がまだ聞こえるよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあると ささやいてる 何億年も前に つけた傷跡なら残って 消えなくてもいいさ 痛みはもうないからね 血のにじんだ足跡 置いていかれた記憶も 誰にだってあるだろ 隠すつもりもないけど I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあると ささやいてる Her name is Laura.。 ELLEGARDENさん『高架線』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 ELLEGARDEN 高架線 作詞:TAKESHI HOSOMI 作曲:TAKESHI HOSOMI ほんの少し前に 手に入れたような未来を 思い出と一緒に 丸めて投げ捨てた まだ先は長いよ 荷物はもういいよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる ゆっくりと傾く 足元に気をつけて 思うよりあなたは ずっと強いからね 耳鳴りがやまないな 君の声がまだ聞こえるよ 更多更詳盡歌詞 在 I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる 何億年も前に つけた傷跡なら残って 消えなくてもいいさ 痛みはもうないからね 血のにじんだ足跡 置いていかれた記憶も 誰にだってあるだろ 隠すつもりもないけど I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる Her name is Laura. ガガガSP 高架線 作詞:山本聡・コザック前田 作曲:山本聡 変わってゆくものと決して変わる事のないもの そこに行くまでの高架沿いを最近は歩いたかな 必ずあるものが無くなってしまうと 心の柱を無くしたようで逆に涙も出やしない ガード下を東へトボトボと歩けば この僕の全てを作った場所にふと来ていた 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 当たり前の日々を忘れさせる そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎて行くのさ あの頃と同じ様に 変わってゆくものと普遍を感じさせるものが 僕はどちらを選んでいいのか ホントに分からない 思い描いていた理想の将来は 今じゃ遠い昔の事だと途方に暮れている 更多更詳盡歌詞 在 クソ安い居酒屋でいつも夜が明けるまで 夢にだまされた奴らとよくバカをしたものです 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 見慣れた町並みの中にあった そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎる度に 行く先を示してくれた 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 当たり前の日々を輝かしてくれる そんなメロディーだったのさ 何処までも続く 何処までも続く 高架線の列車の音は 僕の上を通り過ぎて行ったのさ これまでの僕の上を そしてこれからも そしてこれからも 高架線の列車の音を 聞きながら僕は歌っていくのさ もはやそれは変わりはしない 場所を変えども 歳は喰えども 高架線の列車の音と 共にこれからも歩んでいくだろう 我が地元神戸の街で. 歌手: 作詞: 作曲: ほんの少し前に 手に入れたような未来を 思い出と一緒に 丸めて投げ捨てた まだ先は長いよ 荷物はもういいよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる ゆっくりと傾く 足元に気をつけて 思うよりあなたは ずっと強いからね 耳鳴りがやまないな 君の声がまだ聞こえるよ I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる 何億年も前に つけた傷跡なら残って 消えなくてもいいさ 痛みはもうないからね 血のにじんだ足跡 置いていかれた記憶も 誰にだってあるだろ 隠すつもりもないけど I am dreaming of a girl rocked my world 南北へ続く高架線 この先にはきっとあるとささやいてる Her name is Laura. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

20

。 。 。

。 。

11

13

。 。

。 。 。

12