拙速 を 尊ぶ。 巧遅は拙速に如かず

私は上司に恵まれた」と振り返る。 この「拙速」は「必要以上に追うな(あまり欲張るな)」ということです。

5

ビジネスでは素早く仕事を終わらせることが大事な時もあれば、時間をかけてもに仕事をすることが大事な場合もあります。

15

「兵は神速を尊ぶ」を使ったビジネス例文• もともとは原文「兵は拙速を尊ぶ」が語源 上記の由来に続ける形となりますが、「兵は神速を尊ぶ」は、もともと原文の一部「兵は拙速(せっそく)を聞くも、未だ功の久しきをみざる」が元になっているとされています。

3

戦争の前の兵は、下準備は入念に行った上で、万全な状態で臨むからです。 「雑である」という部分で意味は重なっていますが、ニュアンスは大きくずれているため拙速の替わりに適当を使うのは望ましくありません。 前半、前秦を追い落とした後秦の姚萇(ようちょう)と前秦の残党を率いる符登(ふとう)の戦史で、敗北を経て勝利したエピソード。

13

また、チーム一丸となって戦い抜くための姿勢を説明する時や、戦略会議での締めの言葉などで「兵は神速を尊ぶ」を使って、迅速な対応の重要性を掲げることもあります。 事久變成、其禍難測、所以速戰者、欲使苟曜竪子謀之未就、好之未深耳。

12

」です。 後で消してしまう下書きであったり、何かを作る為の踏み台は、キレイに丁寧に作り上げる必要はないですよね。 張預曰く、ただよく勝ちを取らば、すなわち寧ろ拙速をして、巧久無し。

9

「兵は神速を尊ぶ」は「三国志・魏志郭嘉伝」の言葉 「兵は神速を尊ぶ」は中国の有名な歴史書「三国志・魏志郭嘉伝」が由来とされています。

13

気が短くせっかちである場合を指して使う言葉なので、仕事や作業自体について言う時には使いません。 山東の将士は公(明公・李敬業)に勤王の挙(挙兵)あるを知らば、必ず死を以て従わん。

「急いては事を仕損じる」は、急いで物事を行えば冷静な判断ができなくなるため、気持ちを落ち着けて対処しなければならないという戒めです。 ユーザーID: 9225684342• 砦など見張り程度の兵を残して、一直線に本拠地を囲めば良かったのです。