年 回忌 法要 早見 表。 法事年回表

アクセサリーは結婚指輪と真珠のネックレス以外のものは極力外しましょう。 亡くなった翌年が一周忌、その翌年の2年後が三回忌です。 地方によっても、またそれぞれのお寺や宗派によっても考え方が異なります。

1

亡き人に功徳を届ける 亡き人は肉体から魂が離脱してあの世に旅立ち、慣れ親しんだ肉体は焼却されて骨になってしまったので、もうこちらの世界に戻ってきて生身の体を取り戻して生きていくということは出来ません。 3回忌 ちょうど2年 1周忌や3回忌はなるべく命日か命日に近い日に行います。 逆に23回忌と27回忌を行えば25回忌は行いません。

10

2020年 令和2年 2021年 令和3年 2022年 令和4年 2023年 令和5年 2024年 令和6年 2025年 令和7年 2026年 令和8年 一周忌 平成31年 令和元年没 令和2年没 令和3年没 令和4年没 令和5年没 令和6年没 令和7年没 三回忌 平成30年没 平成31年 令和元年没 令和2年没 令和3年没 令和4年没 令和5年没 令和6年没 七回忌 平成26年没 平成27年没 平成28年没 平成29年没 平成30年没 平成31年 令和元年没 令和2年没 十三回忌 平成20年没 平成21年没 平成22年没 平成23年没 平成24年没 平成25年没 平成26年没 十七回忌 平成16年没 平成17年没 平成18年没 平成19年没 平成20年没 平成21年没 平成22年没 二十三回忌 平成10年没 平成11年没 平成12年没 平成13年没 平成14年没 平成15年没 平成16年没 二十五回忌 平成8年没 平成9年没 平成10年没 平成11年没 平成12年没 平成13年没 平成14年没 二十七回忌 平成6年没 平成7年没 平成8年没 平成9年没 平成10年没 平成11年没 平成12年没 三十三回忌 昭和63年没 昭和64年 平成元年没 平成2年没 平成3年没 平成4年没 平成5年没 平成6年没 三十七回忌 昭和59年没 昭和60年没 昭和61年没 昭和62年没 昭和63年没 昭和64年 平成元年没 平成2年没 四十三回忌 昭和53年没 昭和54年没 昭和55年没 昭和56年没 昭和57年没 昭和58年没 昭和59年没 四十七回忌 昭和49年没 昭和50年没 昭和51年没 昭和52年没 昭和53年没 昭和54年没 昭和55年没 五十回忌 昭和46年没 昭和47年没 昭和48年没 昭和49年没 昭和50年没 昭和51年没 昭和52年没 百回忌 大正10年没 大正11年没 大正12年没 大正13年没 大正14年没 大正15年 昭和元年没 昭和2年没. 満2年目の三回忌法要からは数え年となり一周忌後は3年忌・7年忌・13年忌・17年忌・23年忌・27年忌・33年忌・50年忌と年忌法要を営みます。 阿弥陀如来 五道転輪王 ごどうてんりん 三回忌 3年目、2年後• 真言や経を唱えるのに効果的な回数として昔から三と七が使われてきたことは、功徳として最も良い形になるからなのです。

とても便利な早見表-令和2年度版を私がデザインしてみました、よろしかったらお使いください。 一番最後の回忌法要 法事 は 近年は33回忌の法事で終わりとすることが増えているようですが、可能であれば例えば33回忌と50回忌、或いは100回忌が一緒に出来るのであれば、した方が良いのではないかと思います。 世界中を見渡せば、戦争や紛争の絶えない国や、民衆が貧困にあえぐ国、自由の無い国などがあり、自由で平和な国に生まれてくるなんて、類まれなことなのです。

丁寧に行うという意味では、一人一人を分けて行うべきですが、法事をするにしてもそれなりの費用と時間がかかりますし、なるべく節約してということは、世の中の流れなのかもしれません。 ・引出物の品物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や食品等が良く用いられます。

19

1周忌 ちょうど1年• また、地方によっても五十回忌まで行う地方があります。 真宗 上記の年忌法要早見表のとおり。

6

百箇日忌(ひゃっかにち) 死後100日目 最近では身内だけで行われる事が多くなりました。 案内状には誰と誰の法要かを必ず明記します。

20

法要の日に卒塔婆を立てる場合は、事前に住職に依頼しておきます。 何回忌と決まった法事はその時で終わりですが、基本としては毎日行う先祖供養が感謝の気持ちを表す行動なのです。