水力 発電 メリット デメリット。 水力発電3大長所・デメリット

大量の水を堰き止めているダムが決壊すると、下流に向かって非常に多くの水が流れることとなり、河川の氾濫や洪水を起こします。 反対にダムの水位が低くなると落差が小さくなり、発電量が落ちてしまいます。 水資源が豊富な日本だから水力発電を推したい 水力発電に全面的に賛成です。

4

加えて水力発電は火力発電のようにいたずらに燃料を使い込むということもなく、とてもコストが優しくなっています。

関連記事 揚水発電と太陽光発電との関係 いまでは徐々にが普及してきていますが、実は揚水発電とも深い関係があります。 そういったこともあり、ほかのエコエネルギーの発電量が、日本の総発電量の1%前後のなか、水力発電は日本の総発電量の8%をしめており、現在日本では欠かせない発電方法であります。 「形式による分類」のダム式やダム水路式がこの貯水池式に当てはまります。

7

ここでは水力発電の問題点として大きく2つのデメリットを挙げて確認していくとしよう。 今の日本にはどれくらいの数があるのでしょうか。 また、ダム建設にかかる費用なども問題視されることがあります。

5

発電量が安定しないという欠点はあるものの、 他の発電方式に比べて建設コストが最小限で済み、環境への影響も少ないというメリットがあります。

2

大規模な水力発電所を建設するためにはダムの建設が欠かせないわけですが、このダムの建設が環境に影響を与える可能性があるのです。 ダムを造るのに適している場所は、自然のど真ん中のような場所がほとんどで、そうなるとどうしてもダムを造る際にある程度の自然を破壊する必要が発生してしまうのです。

15