ベートーヴェン ピアノ 協奏曲。 ピアノ協奏曲第4番 (ベートーヴェン)

2独唱 224 三重唱『すべての苦しみの中に』 Fra tutte le pene 1802? 2017年3月19日閲覧。 もしかしたら録音のせいかもしれませんが、表情も見えないし、情感も湧かないし、音がパラパラと流れてくるだけで、面白く、楽しくなかったです。

13

デリケートな感じと、夢想感の漂う雰囲気を持ち合わせてて、不思議な感覚がする。 第1楽章・管弦楽総奏により第1主題が力強く呈示、18小節目以降の曲想は、力強くベートーヴェンの世界そのものである。 お別れにこの歌を(Nimm sie hin denn diese Lieder)• 個人の好みもよるが、ここまで磨かれた音だと、思わず、息をのんでしまうんじゃーないだろうか。

6

流石に若い頃の音の切れ味は有りませんが、その分円熟した豊かな音楽を堪能させてくれます。 ベートーヴェンの音楽家生活は、現実には当時の人間社会、つまり貴族、聖職者、資本家などから完全に自立し、社会的にも自立した経済生活を送ったわけではない。 第2主題は最初短調で示されてから本来の長調に移行するが、第1提示部(オーケストラ提示部)ではので示されてから本来の変ホ長調へ、第2提示部(独奏提示部)ではので示されてから本来の()へ移行する。

3

「母はいつも何を飲むかと聞く」(Meine Mutter Fragt Mich Immer: Trinkst Du? 内田:あれはねえ、本当言うと、14歳だったかな、13歳最後の日か、14歳最初の日か、その辺なんです。 自由で、闊達で、陽気に歌う要素、弾む要素の無い演奏で、なんてライブ盤なんだろ。 ロベルト・シューマンの運命に深く影響を受けて書かれている。

14

104()• ) 3楽章 楽しいロンドである。 録音は当時のEMIとしてはかなり上質だと思います。

18

練習曲• 小さなワルツ(ドイツ舞曲)ハ短調 WoO 219 Hess 68 ()• さらに内田光子は、この録音のリリースに際して、「この演奏には説得力があります。 序曲 変ホ長調• ベートーヴェン自身の作曲したカデンツァが第457、第485小節に置かれているが、2番目のものは大半で演奏されない。

1

このようなベートーヴェンに対する視座は、彼よりもっと過去の音楽家や作品にも光を与えることになった。

18

) 貴婦人との恋愛中に書かれた曲 運命、田園とともに一般公開された第4番ですが、非公開では前年の1807年に、 ロプコ侯爵邸で演奏されています。 満ち足りたもの(Der Zufriedene)()• 1811年11月にフリードリヒ・シュナイダーがソリストとしてライプツィヒ・ゲヴァントハウスで演奏した最初の公開演奏会は、強い印象を与え、『一般音楽新聞』には、「これは間違いなく最も独創的で想像力に富み効果的なものの1つだが、既存のすべての協奏曲の中で最も難しいものの1つでもある」と書かれた。

ピアノ協奏曲いや、協奏曲の姿を打ち立て、独奏楽器と管弦楽の新しい可能性を開拓した作品となった。 こうしてみると古い演奏家が多いですね。 人のしないことをしてくれているようで~ ようやったぁ~と、拍手したくなるっていうか。

19