コロナ ウイルス 会見。 令和2年11月26日 新型コロナウイルスの感染症対策等についての会見

(記者) ウォール・ストリート・ジャーナルのランダースと申します。 さらに、昨日の分科会の提言を受けて、各都道府県で早急に病床の確保に努めます。 我が国では、緊急事態を宣言しても、罰則を伴う強制的な外出規制などを実施することはできません。

10

関東の1都3県と、そして北海道については、先週21日の段階においても新規の感染者数は減少しておりまして、医療の逼迫(ひっぱく)状況についても改善傾向にありました。 主催者のいない催物で、大人数が集まる季節行事における感染防止対策の徹底をお願いします。

繰り返しになりますが、そういう中にあっても、まずは災害発生時には避難所にまず避難をしていただくように心がけていただきたいと、こう思っております。 感染症に関する一般的なご相談については、一般相談窓口におかけください。

県民の皆様へ 知事からのメッセージ• コンサートや各種のイベントについても、100人程度のものから始め、感染状況を見ながら、1,000人規模、5,000人規模、さらには収容率50パーセントへと順次、拡大していく考えです。 コロナ禍でも持病の治療や予防接種・検診等の健康管理は重要です。 (安倍総理) それでは、お答えいたします。

4

御批判を真摯に受け止めながら、しっかりと職責を果たしていきたい。

7

(内閣広報官) それでは、幹事社からもう1問。 生活に関する相談 ・ <外部リンク> ・() ・ ・ ・ 【】 ・ ・ ・ ・ ・• 季節性インフルエンザの流行に備えて、県では、発熱等の症状がある方が、かかりつけ医等に相談・受診し、必要に応じて新型コロナウイルスの検査を受けられる体制を整備するため、「診療・検査医療機関」を指定しましたのでお知らせします。

9

軽い症状がある従業員の勤務• そのため、この状況が、この傾向が継続していけば解除することも可能であるということを申し上げていたわけでございますが、正に今日までその傾向が続いてきたわけであります。

18

、(政府インターネットTV) 【安倍総理冒頭発言】 まず冒頭、これを機に改めて、今回の感染症によってお亡くなりになられた方、お一人お一人の御冥福をお祈りします。 ただ、例えば、先ほど申し上げました持続化給付金におきましては、相当スピード感を持って対応しておりまして、この2週間余りで45万を超える中小企業・小規模事業者の皆様に6,000億円を超えるという、今までのスピード感では相当速くやっておりますが、ただ、こういう状況の中ではまだまだだということを感じておられる皆様方がおられることは、これは我々も認めなければならないと思いますので、これからも全力を尽くしていかなければならないと思っています。