バッハ 無 伴奏 チェロ。 パブロ・カザルス

バッハ: 第5番 BWV1011 J. このときが指揮者活動の始まりとみられる。

15

後半には緊張が高まり、音階が上下する激しい面も現れます。

4

なお、一部はで開催された年もある。 バッハ: 第4番 BWV1010 J. どんなに立派な演奏をしたところで、語り尽くすことのできなかった部分が常に残るのだから。 自筆譜は惜しくも失われ、後妻 アンナ・マグダレーナの美しくも、バッハと見分けがつかないような写譜で伝えられています。

17

エレオノール・ビンドマンは『ブランデンブルク協奏曲』を4手ピアノ用に編曲し自身とジェニー・リンの演奏でリリース、話題を捲いたピアニスト&編曲家。 「本当に、このLP盤の音がカザルスの音なのか?」と。 前奏曲(Praeludium) 4分の4拍子。

5

この曲には、故郷への思慕と、平和の願いが結びついており、以後カザルスの愛奏曲となった。 1925年 :無伴奏チェロのための幻想曲第1番op. 録音当時71歳になるペレーニが満を持して完成させた大注目のバッハ演奏をご堪能ください。 音はやわらかく繊細で、モダン・チェロの美点を余すところなく伝えています。

20

LP化したエンジェルGR盤で長く聴いていたもので3枚各々の説明・解説とともに紺地に金ラベルのジャケットが特徴でした。

サラバンド 二部形式、4分の3拍子。

16

芸術ですから、単に、時間とかではありません。

4