勝 デク 嫉妬。 盲目のヒーローアカデミア

嫌な奴さ。

入試1位。 とかいう音がする。

9

原作者が偶然そこに描いたとしか言いようがないがここで言うなら結婚指輪をはめる部位でありやはり二人は将来そんな関係になる運命と…え?こじつけ?解ってるよだけど止まらないんだ!• 校門の前まで来て、二人の影が重なっている。

19

136• 同時刻にとの争いが始まり巻き込まれた摩天楼 紙 が出久に襲い掛かると何と救ったのは勝己であった。

17

勉強してるから、ね」 「……私もわかんねえ」 「ないでしょ、あの程度の内容で、ていうかかっちゃんの方が成績いいし」 「「ごめんなさい」」 「ああ、ごめんそうじゃないんだ。 ツンデレを通り越して悪い方向に加速しながら一線を越えてしまった2人。 7 ;-webkit-transform:translateZ 0 ;-moz-transform:translateZ 0 ;-o-transform:translateZ 0 ;-ms-transform:translateZ 0 ;transform:translateZ 0 ;-webkit-transition:height. 「あっ、あのっ」 俺はイライラと振り返る。

3

関連タグ 関連記事 親記事. 受けが似合うデクですが、主導権を握ってグイグイ迫る姿もまた良し。 153• 104• 24s;transition:transform cubic-bezier. 129• そして敵から庇いながら「大丈夫。 浜辺+夕日というロマンチックなシチュエーションの中、二人で何の会話していたかは本人達のみぞ知る。

11