新型 コロナ 感染 者 数 兵庫 県。 兵庫県/新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況(県内53例目から100例目)

22 9月10日 兵庫県より、洲本健康福祉事務所管内(淡路島内)において新型コロナウイルスの感染者が1名確認されたと発表がありました。

14

この男性は、無症状でしたが感染者8(兵庫県615例目)と感染者9(兵庫県616例目)の濃厚接触者ということで4月22日から健康観察中でした。 この男性は、感染者1の濃厚接触者ということで最初に受診した医療機関が帰国者・接触者外来であったと考えられます。

6

そして、日本に帰宅から2日後の3月27日になって発熱(36度台)に加え、倦怠感、味覚・嗅覚障害の症状が現れ、更に3日後の3月30日には帰国者・接触者外来を受診し、3月31日にPCR検査を受けて陽性反応が出たということで4月1日に感染症指定医療機関ではなく、帰国者・接触者外来に入院となりました。 なお、感染者の在住市名は発表されていません。 5 4月25日 兵庫県より、淡路市において新型コロナウイルスの感染者が1名確認されたと発表がありました。

18

8度の発熱だけではなく、咳、鼻水、下痢などの症状が出ます。 しかしながら、ニューヨーク市では、感染にブレーキがかかっているのに対し、東京をはじめ日本の各都市では、第2波を迎えており、今後の対策によってはこの数値がジワジワと上昇して行くことも考えられます。

9

1 年代 30歳代 2 性別 男性 3 職業 調査中 4 居住地 三田市 5 経過・症状 3月18日 PCR検査陽性確認 6 濃厚接触者 調査中 7 行動歴等 調査中 3月18日、県内にお住まいの方で、新たに新型コロナウイルスに感染した患者が確認されました。 感染者数の減少には時間が必要 ニューヨーク市ではピークを超え収まりつつあるものの、既に感染者数の絶対数が多いので、感染者数の減少にも時間がかかっていましたが、ようやく感染拡大に歯止めがかかった状態に見えます。 5度)症状が出ますが、症状が改善しなかったからか、3月27日には帰国者・接触者外来を受診したのち、感染症指定医療機関に入院となり、翌3月28日にPCR検査を受けて農政反応が出て新型コロナウイルスへの感染が明らかになります。

1

なお、感染者の在住市名は発表されていません。 新規感染者数としては過去3番目の多さ。 84~87 11月12日 兵庫県より、洲本健康福祉事務所管内(淡路島内)において新型コロナウイルスの感染者が4名確認されたと発表がありました。

6

(縦軸のスケールが自動的に変わりますので値にご注目下さい) 図は対数グラフにて表示しており、Y軸の目盛りのひとマスが100倍になっています。 ニューヨーク市をはじめその他の諸外国では、爆発的な感染拡大が起きており、あきらかに日本の感染拡大状況とは違っています。 兵庫県内の感染拡大傾向を指数近似係数からみる 指数部係数aは、感染拡大の勢いを表わす指標と捉え、この値の推移をグラフ化してみました。

8

現時点での累積感染者の総数は、神戸市が一番多く、西宮、尼崎、伊丹、宝塚、姫路、加古川、明石、芦屋と続いています。

なお、感染者の在住市名は発表されていません。 阪神地域の医療機関2件を含む3件のクラスター(感染者集団)が新たに確認されている。

10