コロナ 感染 佐賀 県。 新型コロナウイルス(新型肺炎)特集|佐賀新聞LiVE

18利用•。 スキー場のライトアップやランドセルの配布に使われた例を挙げ、「何がコロナ対策なのか直感的には理解しにくい。 県はチーム関連で約20人のウイルス検査を予定している。

10

佐賀県の野田広医療統括監は18日、新型コロナウイルスの感染者が相次いで確認されている小城市について、直近の11日間における人口10万人当たりの感染者数が34・6人と他市町に比べ高いことを示し「感染者の密度からすると予断を許さない状況」と述べた。

3

佐賀市にある県立の体育館では、トイレを和式から洋式に替えるなどの工事費6730万円にコロナ交付金を充てる。

14

ここは議論があるところ」と含みを持たせた。 きちんと調査していきたい」と警戒感をにじませた。 同県内での新型コロナ関連の死者は初めて。

3

56人目)• 一般会計補正予算案を11月定例会に提案している。

1

県は、サッカー・J1サガン鳥栖でクラスター(感染者集団)が発生したことを受け、国のクラスター対策班の協力を要請し、16日から現地調査が始まっていることも明らかにした。 多くは批判的な意見という。 山口知事は「(寄付では)限られた人の思いになる」と説明し、「税金を原資とした議案とし、県民の代表である県議会が可決して設置することで県民の総意として掲げられる。

5

一般財源を使うべきだとの指摘には「(交付金と一般財源と)両方あり得る。 県議会事務局によると、議案の財源構成を変える場合は県側が修正を申し出るか、議会側が修正議案を可決することが必要となる。 民放番組やネット上などで国の新型コロナウイルス対策の交付金を活用するのが批判され、注目を浴びている佐賀県の「誓いの鐘」事業。

11月県議会に提出する。

8

財源には国の新型コロナ対策の地方創生臨時交付金を活用する。 8日の九州各県の感染者は、福岡は北九州市の4人、熊本7人、大分1人、宮崎1人、鹿児島11人。