一般 社団 法人 定款。 定款等記載例

一般社団法人の定款とは、名称や住所、目的などといった基本的な事項と、組織や意思決定方法などの法人運営上の事項をまとめた重要な書類になります。 食生活改善のためのカウンセリング• 法務省の公式サイトからオンライン申請を行うこともできますが、これにはシステムの導入や電子証明書なども取得しなければなりませんので、一般の方にはお勧めできません。

12

外国人材に関する企業向け相談業務• 講演会、交流会の企画及び開催• 普通型一般社団法人は、法人税法上、 「普通法人」として扱われます。 A2 一般社団法人を設立する際の手続の流れは,次のとおりです。 その際には、社員総会の特別決議が必要になります。

15

1-4-5. 冗長さを少なめにして、ややシンプルな表現となっております。

10

インターネットを利用した病理診断関連情報の提供• 社員総会の決議要件に関する別段の定め• 中規模 - 理事会・監事・会計監査人・基金設置• Q11 遺言により一般財団法人を設立することはできますか。 定款の内容によって設立時に作成しなけらばならない書類の中身、種類、数も異なってきます。 また、許可や認可、指定を受ける必要がある事業は、許可の根拠法令を意識した表現で事業内容を定めることをおすすめします。

5

剰余金の不分配 第30条 当法人は、剰余金の分配はしないものとする。

8

一般社団法人の定款の変更方法 一般社団法人の定款の変更方法は以下の通りです。 集合住宅における通信統合の研究開発調査事業• ただし、代表理事が複数ある場合は、予め理事会において定めた順序に従い、これに当たる。

18

5 前項の報告の必要があるときには、直接理事会を招集する。

1