ホジュン あらすじ 全 68 話。 ホジュン 68話(最終回) 動画

ジュンは窮状をソン大監に訴え、それを受けて王は内医院の医官を山陰に派遣し、民には米を配るよう指示。 王に呼ばれたイェジンは、ジュンに対する尊敬と自分の片想いを率直に語る。

しかし、今や都提調となったミョンゴルやサンジェがそれに反対する。 「なぜお前たちまで山陰へ帰るんだ」 ヤンテが照れ笑いを浮かべながら 「都に残っても仕方ないですし、俺たちも一緒に帰って医院を手伝います」 と言うが、ジュンは、そこまでする必要はないと言った。 ホソクも入ってきて、挨拶をさせる。

16

基本前作とほぼ同じストーリーだが、前作では描かれなかったエピソードや前作で登場していない人物も追加されている。

18

それに伴いこちらでも68話でお届けします。

ジュンが部屋に入り、母に挨拶をする。

19

医官も二手に分かれ、ヤンは体調が優れないため平壌に残り、ジュンが御医として王に随行することになったのである。 その道は険しく、様々な苦難に満ちていた…。

当直の医者に会って状況を調べなければと言う。

5