下水道 事業 受益 者 負担 金。 勘定科目や償却期間に注意! 上下水道の負担金の会計処理

他人(水道事業者)の所有する水道施設を利用することを目的とする「権利」であり、その金額は、メーターの口径で決められます。

6

この「水道施設利用権」とは、「水道事業者に対して水道施設を設けるために要する費用を負担し、その施設を利用して水の供給を受ける権利」とされています。 (2)売買等で受益者の変更をする場合 受益者異動申告書を送付しますので上下水道局までご連絡ください。 金光・鴨方処理区 受益地の面積に応じて算出され、単価(1平方メートル当たりの額)は、750円です。

また、土地の広さによって建てられる建物の広さが違い、当然、下水道に将来放流されるであろう汚水の量が異なるからです。 場所は敷地と道路の境界線から建物までの一部分になります。

3

徴収猶予継続の申請 受益者負担金の徴収猶予を受けようとする受益者は、市長の定める日までに、徴収猶予継続申請書にその理由を明らかにする書類を添付して市長に提出してください。 それと「引っかけ」の意味もありそうです。

5

市区町村全体での下水道受益者負担金額は全体工事金額(市区町村によりまちまち)の約5%位だと思います。 つまり、下水道が整備されていない区域の方は下水道を利用できないため、下水道整備を税金だけでまかなうと、下水道を利用できない方も負担することとなり、不公平が生じることになります。

15

徴収猶予 次のような場合、徴収猶予を受けることができます。 負担金納入までの流れ 下水道工事の完了 賦課対象区域の公告(5月) 申告 土地所有者へ申告書を送付(5月) 地元説明会を実施(5・6月) 受益者は申告書を上下水道局へ提出 (5月~7月) 受益者負担金額の決定 負担金の決定通知書、負担金の納入通知書を受益者負担金へ送付(8月) 受益者負担金額の納付(8月~) 受益者負担金の減免 受益者負担金は、賦課区域内のすべての土地にかかりますが次のような土地にあてはまる場合は、一部または全部が減免されます。 やを希望される場合は、申請書等もご提出ください。

納付管理人 受益者が、本市に住所又は事業所を有しない場合は、受益者負担金納付に関する事項を処理させるため、本市において独立の生計を営む者のうちから納付管理人を定めることができます。 係争中の土地• 下水道事業受益者負担金の徴収猶予 対象となる土地が農地の場合は,申請により3年間徴収を猶予し,4年目から5年間で負担金の1/2を納めていただきます。 これは、市町村が所有・管理する下水道(=公共施設)について、法人・個人事業者自身が受けるメリットを反映するため費用配分を行うものであるからです(土地の地積に負担金単価を乗じて計算されます)。

7