生き馬 の 目 を 抜く 意味。 生き馬の目を抜くの意味!語源には意外な真実があった!

では「目を抜く」はどうでしょうか? 「目を抜く」には人をだますこと。 生き馬の目を抜く人たちが今日もこの街を蔓延っている。 「生き牛の目を抉(くじ)る」とも。

8

「目を抜く」は「人目をごまかす」の意 「目を抜く」という慣用句もあります。 したがって、「生き牛の目を抉る」は「生き馬の目を抜く」と同義になり、「生き馬の目を抉る」「生き牛の目を抜く」としても間違いではありません。 「生き牛の目を抉 くじ る」も同義 「生き馬の目を抜く」と全く同じ意味のことわざに「生き牛の目を抉 くじ る」があります。

19

「catch a weasel asleep」は直訳すると「眠りながらイタチを捕まえる」という意味になります。 … 本間千枝子『アメリカの食卓』 より引用• 」の意味を使った例文です。 。

19

2つ目は 「抜け目がなく油断できない」という意味です。

6

日本語にすると「水は眠っても、敵は眠らない」という意味があり、「油断できない様子」を意味しています。

5

従って、それ以前の平和な大学に育った老教授たちは、ゆったりと静かな思索を好んで、生き馬の目を抜くような昨今の論文製造競争には肌が合わないのである。 「catch a weasel asleep」は「You can't catch a weasel asleep」の形で使い、「あいつは騙せない」「奴を出し抜くのは無理だ」という意味になります。 一体どんな素早さなのか検討もつきませんが、本当に素早く行動することなのでしょう。

3

「油断ならない」という意味においては、「尻毛を抜く」が類句として挙げられる。

6

素早く人をだますが転じて• 「東京がダメなら名古屋があるさ」と呼びかけたのである。 私のようなささやかな経済を守って生きてきた人間には、物の味はその値段とおおいに関係のあるところで、おいしいかまずいかが決まる。 上記の例文では、出世に興味のない様子だったAさんが最も出世していることから、「抜け目なく油断できない」という意味で「生き馬の目を抜く」が使われています。

8