インディア ペール エール。 フラーズ インディア ペールエール(IPA)

日本産なんてウマくないに決まっている、なんて先入観を持って口にするととんでもないことになります。

19

アメリカンスタイルとイングリッシュスタイル IPAはイギリス発祥のビールですが、日本で流通している海外物のほとんどが、アメリカ物のようです。 アルコール度数4%以下のIPAは、イギリスでは、少なくとも1920年代から醸造されている。 これが「インディア・ペールエール」の由来です。

だから、ホップにはとりわけ気を使いますね。 そこでまずは、ビールの審査員資格を取得して、その後にアメリカのビアコンテストで審査員の日本人枠があるというので真っ先に手を挙げました。

12

初めてIPAスタイルのビールに挑戦しようとしている人も、お店でIPAを飲んでもっといろんな種類を飲みたい!と言う人も、 とりあえずこの3種類は飲まずに語れない!というビールを集めました。 カスケードホップが特徴のアメリカ西海岸のIPA 北米産の「カスケード」という品種のホップをふんだんに使用した、レッドフック(REDHOOK)社のIPA。 これまでの工場と比べて生産量が最大で8倍に増えました。

新工場に多額の建設費を投じていたから、僕自身もキャッシュはのどから手が出るほど欲しかった。

2

コミュニティー・プロデューサーの水代優さんに、暮らしを知的に楽しむアイテムを紹介してもらう連載「」。

7

エールとラガーの分類分けが困難なものもある。

9

日本では、1994年にビールの酒税法が改正され、最低製造数量が2,000キロリットルから60キロリットルへと規制緩和が行われました。 エールは、に主食であるパンと一緒に飲む重要な飲み物であった。