古典 動詞。 古文の動詞の活用と覚え方

四(五)段活用動詞の未然形、およびサ変動詞未然形の「さ」に付く)卆る(活用は「れ・れ・る・るる・るれ・れよ」。 らる・られる 〔助動〕(活用は「られ・られ・られる・られる・られれ・られろ(られよ)」。

15

口語では、失われ、「ある、おる」は四段(五段)活用に転じている。 サ変にも命令形に付くと説くことができる。

11

イ段で終止する動詞はこの種類だけで、これに属する動詞は、「あり、おり、はべり、いますかり」などで、「あり」の複合した「かかり、さり、しかり」や「けり、たり、なり、り」などもこの活用。 このように動詞は使われる場所によって形を変えるのです。

…なのであろう。

15

動詞の後に「べからず」「べからむ」と続いた場合の「べから」は、 助動詞「べし」の補助活用の未然形である可能性が考えられます。 古文の勉強を始めるにあたり、最初にぶち当たる壁は 「助動詞」だ。 中世には「き」「けり」に続く場合「たっし」「たっける」のように促音便形「たっ」が用いられた。

7

文法的意味は完了、存続 という助動詞が存在する。

ラ変型以外の終止形は「u」の音で終わり、ラ変型の連体形は「u」の音で終わるため、助動詞「べし」の前は必ず「u」の音になります。

8

…である。 【質問大歓迎】勉強法でお困りのあなたへ! 記事をお読み頂きありがとうございます! 当サイトは、2015年から『』の講師が中心となって運営しているサイトです。 例えば、「走った人」という事柄を古文で言いたいとする。

1 動作・状態が現に継続し進行していることを表す。

11