郵便 局 引っ越し 転送。 転居・転送サービス

ただし転送不可の郵便物もあるため、転送サービス期間中に各種住所変更手続きを行うことを忘れずに。 郵便転送サービスは、世帯全体が引越した場合のほか、進学・就職を機に実家を離れて一人暮らしを始めるという場合にも利用可能。

2

本人であると確認できる書類(運転免許証、各種健康保険証など)• 住所・氏名に誤りの無いよう確認してください。 通常の郵便だけでなく「ゆうメール」「ゆうパック」など郵便局が行うサービスにも対応している。

15

任意の手続きですから期限は定められていません。 本人確認書類や旧住所のわかるものが手元に無い場合は、郵便局で届出の用紙をもらい、後日に提出すると良いです。 運転免許証があれば、本人確認も旧住所の確認もできるため便利です。

また、手続きの途中で本人確認のため、「転居届受付確認センター」へ電話をする必要があります。 お申込み画面上で入力された電話番号のスマートフォンから、メールアドレス確認完了のお知らせでご案内する転居届受付確認センターへお電話いただけない場合は、登録手続きが進みませんので、あらかじめご了承ください。

11

やり方を教えます。 そんな時に役立つのが、 郵便局の「転送サービス」です。 」と書いた用紙を封筒に貼り付けてポストへ投函するという方法もあるようです。

転送届の届出日から1年以内に、転送サービスの解除をすることはできません。 郵便物の転送状況を確認するには? 転送手続きの完了以降、郵便物の転送状況はインターネット上で確認可能です。

11

1年間の転送期間は、初回届時に記入した『届出日』から起算した1年間です。

16

郵便局に転居届を提出する際には、いくつか必要な書類があります。 姓が変わる場合、旧姓欄に記入)• でも、家族そろって引っ越す場合は、転居届は必ずださないといけません。