大腸 癌 治療 ガイドライン。 JSCCR

血行性転移に対する治療法(血行性転移の治療方針,)。 全身化学療法は、肝、肺、リンパ節、腹膜、局所などが適応となります。

6

腎機能:血清クレアチニン:施設基準値上限以下• 側方郭清の適応基準は,腫瘍下縁が腹膜反転部より肛門側にあり,かつ固有筋層を超えて浸潤する症例である。 切除が不可能な場合は、全身状態を考慮しながら、化学療法や対症療法を選ぶことになります。

18

5年経過したところですべての検査を行い、再発を疑うものが何もなければ、そこで治療が終了となります。 切除不能な進行再発大腸がんへの化学療法の目標は、腫瘍の増大を遅延させ、延命と症状コントロールを行うことである。

13

そこで、再発が起きやすい人には、術後の補助化学療法(抗がん剤治療)を行うことが推奨されています。 なかには国(厚生労働省)が作成したものもあります。 がん早期発見の投資は、いまだ脚光を浴びてはいませんが、今後ますます、普及していくと思います。

4

治療前にはPS,バイタルサイン,体重,発熱の有無,自覚症状,血液検査結果,尿検査所見,身体所見等を確認し,投与不可と判断される異常を認めた場合は治療の延期を考慮する。 肛門に近い直腸がんの局所再発も、切除可能であれば切除を考慮し、切除不能であれば放射線療法と全身化学療法を行います。 (2)切除により重大な神経症状を来さない。

12

現在、保険診療が認められている主な抗がん剤は以下の通りです。 少なくともコース毎に,自他覚症状の観察,臨床検査値の確認が必要である。 (4)肝臓以外の転移がないか、あっても制御可能。

13