アカプルコ 貿易。 マニラ・ガレオン

解説 aは「ヘラクレスの柱」という別名でわからなくても、地中海沿岸から大西洋岸に抜ける海峡というところから判断したい。 慶長遣欧使節団30名 メキシコ~スペインへ向けて その後、1614年6月ソテロと 常長ら一行約30名は、 ベラクルスより、 スペインに向けてスペイン艦隊の サン・ホセ号で 太西洋へ出港しました。

7

代わって彼らはシンガポール南方のリアウその他各地の港へ赴き、そこでブギス人(インドネシア・スラウェシ島<セレベス>南岸の海洋民族)などの、東南アジアの商人がもたらす森林産物や海産物、さらにオランダの禁制をすり抜けて運ばれる錫、胡椒などを購入した。

19

そしての影響が、から通じて伝えられた。

11

一つは、マニラを経由するアメリカ大陸の銀である。

貿易の変動は国内経済に大きな影響を与えるが、海域アジア各地の社会は変動に対応し、経済活性化を果たしてきた。 常長の心の中は、「何の為に、くやしい。 アメリカ大陸への到達と史上初の世界周航 アラゴン王国とカスティリャの合併で誕生したスペインでは、1492年にグラナダを陥落させてレコンキスタ イベリア半島の再征服 が完了した。

8