ご 芳志 意味。 ご厚志とはどのような意味かをお礼の例文を含め解説

のし袋にも寸志と記載されています。

「ご厚志」は断らずありがたく受け取り、幹事が会の挨拶などで「ご厚志をいただいた」ということを報告するのが礼儀となります。 「香典」という言葉を避けたい時には、お礼の手紙などに使うことができます。 「お祝い」などで金品を頂いた場合に「お金」と直接言うのではなく、「お心遣い」と言い換えることがあります。

ご厚志とご芳志の違いと例文 ご厚志と同様な使い方で「ご芳志」という言い方があります。 本日、この会を開催するにあたり、多くの方からご芳志を頂戴いたしました。

支店長よりご芳志を賜りましたので、皆様にご報告させていただきます。

・「厚志」篤い志。 例えば上司の方が「僅かばかりの贈物」として飲み会に差し入れをして下さる事があるかもしれません。 披露するタイミングとしては、はじめの幹事の挨拶時に一緒にするのが良いでしょう。

多くのお気遣いとご厚志を賜り、誠にありがとうございました。 「芳」は「ご芳名」という使い方から分かるように敬意を示す文字で、「ご厚志」よりさらに厚い敬意を表します。 「ご厚志」の取り扱いについては、定形のルールに従えば問題ありません。

18

このときに気をつけることは、「ご厚志」をくださった上司には返金しないということです。 本日はお忙しい中、お集まりいただき、誠にありがとうございます。

5

当日「ご厚志」の紹介を忘れたら全員に宛てたメールで改めて報告する 本来、当日に「ご厚志」をいただいたことを紹介するのがマナーですが、万が一紹介するのを忘れてしまった場合は、参加者全員に宛てたメールで改めて報告をします。

12

また、幹事の不手際で遅れてしまいましたが、部長からご厚志を賜りましたことをご報告いたします。 本日の宴会は部長のご芳志によって開催できました事を皆様にご報告させていただきます。 「寸」は「ごくわずか」「長さ」を意味します。

16