キュービック 適性 検査。 適性検査CUBIC(キュービック)は社会保険労務士小野事務所へ

そこで役に立つのが、「」です。 ただし、細部や解答方法は違うため、それぞれの方法に慣れておくとよいでしょう。 また、CUBICは他社の検査に比べて対策がされ辛いため、受検者の当日の実力が結果に表れます。

7

すでに働いている社員にさらに活躍してもらうことや組織の課題解決を目的に、CUBIC適性検査を利用するパターンです。 CUBIC適性検査は、受験時間の短さが特徴です。 就活生だけでなく企業の昇格や昇進で利用する場合もありますが、基本的には新卒採用で利用されます。

実際の問題に触れながら実践形式で対策することが、スムーズに攻略するための近道です。

17

質問数は91問もしくは123問です。 検査内容には「言語」「論理」「数理」「図形」「英語」の5科目があり、それぞれの科目で20問ずつ出題されます。

(メーカー/3000名以上)• 転職や就職の際に受ける検査 転職や就職活動の際に受ける適性検査には、企業とのミスマッチをできるだけ防ぐための意味もあります。 監修者プロフィール 吉川 智也(よしかわ・ともや) 1988年北海道生まれ。

考え方や価値観などを測るべく、さまざまな質問を通して個人の人間性を分析していく性格検査。

3

最適なのがこれまでやってきた仕事と完全一致です。 診断テストは回答用紙に番号を記入していただき、それをFAXでお送りいただければPDF(ご希望があれば郵送)で診断結果をお知らせいたしますので、全国対応が可能です。 CUBIC適性検査は問題自体は中高生レベルのため、難しいわけではありません。

6

出題範囲が広いだけに、他の適性検査よりも対策に時間がかかりやすいことは理解しておきましょう。