湊 かなえ おすすめ。 [2020年版]湊かなえ 作品一覧を順番にご紹介 おすすめ・感想・新作随時更新

女性の心の中のモヤモヤを書いたら、止まらなくなってしまうのかな?と思うほど、リアリティがあります。

13

ラストの展開まで、これも目が離せない上手さが光ってます。 中学生が子どもを殺して平気でいたこと、教師が復讐を思い立ったこと、その方法が牛乳にHIVの血を入れることだったこと。

6

犯人の目的も併せて、気になった方はぜひご覧くださいね! 『贖罪』 15年前に田舎の静かな町で 一人の少女が殺害されるという悲劇が起こります。

15

Kindleなどの電子書籍よりも、紙の本が読みやすいんじゃないかな。 そして今、私は彼の心の中にあった秘密を知る…日本推理作家協会賞受賞作「海の星」他、島に生まれた人たちの島への愛と憎しみが生む謎を、名手が万感の思いを込めて描く。 親からの愛をひらすら求める子ども、反対に溺愛されすぎて何をしても許されると思っている子どもや、思いやりのない子どもで埋め尽くされた学級。

。 それがむき出しですさまじく感じられる作品です。

花の鎖 文春文庫• その一方で、読み終わったら二度と読み返したくない、と思わせるような圧倒的鬱展開。 湊かなえ作品をおすすめすると、「なんだか疲れた……」という感想をもらうことが多いです。 357ページ• ある日、彼女のもとへ『深瀬和久は人殺しだ』と書かれた告発文が届く。

4人は犯人を見ていたはずですが、どうしても顔を思い出すことができません。

4