情報 公開 法 第 5 条。 行政機関の保有する情報の公開に関する法律

)」と、「受けたとき(前条第1項の規定による諮問を要しない場合(同項第2号又は第3号に該当する場合を除く。 2 「事業を営む個人」とは、地方税法第72条の2第8項から第10項までに掲げる事業を営む個人のほか、農業、林業等を営む個人をいう。 本来、このような個人を識別できる情報を原則として非開示とする考え方は原則公開の趣旨に反するものです。

12

(行政文書の存否に関する情報)• 決定に対し不服があるときは、 不服申立か裁判を起こします。 (第三者からの不服申立てを棄却する場合等における手続)• 第七十八条第七項中「情報公開法」を「行政機関情報公開法」に改める。

20

)第二十二条第一項第六号から第八号までに掲げる業務 二 事業団法第二十二条第二項に規定する業務 三 事業団法第二十二条第三項第一号及び第二号に掲げる業務 (内閣総理・総務・文部科学大臣署名). )であれば、一般的に本号に該当する可能性が低いものと考えられる。 例えば、施設等の建設計画の検討状況に関する情報が開示されたために、土地の買い占めが行われて土地が高騰し、開示を受けた者等が不当な利益を得たり、違法行為の事実関係についての調査中の情報が開示されたために、結果的に違法又は不当な行為を行っていなかった者が不利益を被ったりしないようにする趣旨である。

11

ただし、人の生命、健康、生活又は財産を保護するため、公にすることが必要であると認められる情報を除く。

8

しかし、情報公開制度は開示・不開示を行政の裁量に委ねないためのものであり、本条によって全部又は一部公開されることは、本来の情報公開制度を狭めることになるおそれがあります。 )である場合において、当該情報がその職務の遂行に係る情報であるときは、当該情報のうち、当該公務員等の職及び当該職務遂行の内容に係る部分 二 法人その他の団体(国、独立行政法人等及び地方公共団体を除く。

)により、特段の支障が生ずるおそれがある場合を除き、公にするものとするとされている。 「国の安全が害されるおそれ」とは、これらの国の重大な利益に対する侵害のおそれ(当該重大な利益を維持するための手段の有効性を阻害され、国の安全が害されるおそれがあると考えられる場合を含む。

3

3 「人の生命、健康、生活又は財産を保護するため、公にすることが必要であると認められる情報」(ただし書ロ) 人の生命、健康その他の基本的な権利利益を保護することは、行政機関の基本的な責務である。 したがって、個人の属性、人格や私生活に関する情報に限らず、個人の知的創作物に関する情報、組織体の構成員としての個人の活動に関する情報も含まれる。

7

また、当該審議、検討等に関する情報が公になると、審議、検討等が終了し意思決定が行われた後であっても、国民の間に混乱を生じさせたり、将来予定されている同種の審議、検討等に係る意思決定に不当な影響を与えるおそれがある場合等があれば、本号に該当し得る。 実施以前に公表されることが想定されていない不利益処分に関する情報• 「その他の記述等」としては、例えば、住所、電話番号、役職名、個人別に付された記号、番号(振込口座番号、試験の受験番号、保険証の記号番号等)等が挙げられる。 )が係属しているときは、当該特定管轄裁判所は、当事者の住所又は所在地、尋問を受けるべき証人の住所、争点又は証拠の共通性その他の事情を考慮して、相当と認めるときは、申立てにより又は職権で、訴訟の全部又は一部について、当該他の裁判所又は同法第十二条第一項 から第三項 までに定める裁判所に移送することができる。

2

なお、整備法施行前に提供された著作物には適用されない(整備法附則第2条)。