バチカン ニュース。 バチカン、教皇の同性婚容認否定

バチカンでは感染の拡大を防ぐためとして、ふだんは多くの信者が訪れるサンピエトロ大聖堂やその前の広場の立ち入りを禁止しています。

13

また昨年8月には、合意後初となる司教2人が任命されている。 事実、1527年にローマ帝国皇帝カール5世の軍が侵略してきた時、 当時の法王・クレメンス7世はこの通路を使ってバチカン市国を脱出したそうです。

18

バチカンで開かれた枢機卿会議の式典に参加するローマ教皇フランシスコ=11月28日(AP=共同) ローマ教皇フランシスコがドキュメンタリー映画で同性愛者同士の事実上の婚姻を容認する発言をし国際的な論議を呼んだことを巡り、キリスト教カトリックの総本山バチカン(ローマ教皇庁)が、「教会の教義に言及したわけではない」として教えの変更を否定する内容の内部通知を各国の司教らに送っていたことが7日分かった。 実に興味深い。

7

イタリアの観光スポットの1つとしても知られていますが そんなバチカン市国には信じがたい秘密があります。 公営のバチカン・ニュース(日本語版)は同日、合意延長に関するバチカン広報局のを掲載。 フランシスコ教皇は、同じ宿舎で暮らす聖職者の感染が明らかになったため、前日の26日にウイルス検査を行いましたが、陰性だったということです。

85kmもある書庫なのですが、1980年に31000立方メートルの容量を持つ 地下書庫が増設されています。 ちなみに警察はコカインの押収を公表せず、 受取人が現れるのをしばらく待ったのですが 結局、誰も現れなかったのです。

なんだか答えになっているようでなっていない感じですね。 しかし27日の祝福では、新型コロナウイルスのパンデミックと、危機を招いた人間の過ちや信仰の欠如に目を向け、「私たちは、自分には何でもできるという全能感を抱いて猛スピードで進んできた。

8