タックル ボックス。 釣り用タックルボックスのおすすめ人気ランキング16選

詳しく掘り下げますので、自分の釣り方に合ったモデルを見つけて下さい。 釣りで必要になる道具をなんとなくで収納しても、 整理することができ入れ替えも簡単なのがメリット。

8

カラナビは同じ系統のワームをまとめておくのにも便利で、HPシャッドなんかはパッケージのまま保管しています。

17

そのため、メーカーに関してもジグだけは、どこでもいいと最近思っている。

12

こちらは「ランガンシステム」と名前についているように、取っ手が大きかったり、ロッドホルダーがついていたりと、ランガンするのに便利な作りになっています。 ルアーからリールまでいろいろなサイズのアイテムに対応するために、さまざまなサイズが用意されています。

1

カラーリングもカッコイイので、アジングの盛んな釣り場でこのタックルボックスを使っているアングラーをよく見かけます。 多段式は荷物として、かさばりやすいので、陸から釣りをする場合は動きづらさを感じることもあります。

20

しかし、私自身、単純にルアーでの青という色がそんなに好きでないので使わない。 13289円 税込• この中にできる限りの道具を詰め込み、車に積んで、フィールドで必要な分だけバッグに移して移動する、という感じです。

記載なし• タックルボックスの人気メーカーといえばメイホウ 釣り具を扱う多くのメーカーのなかでも、タックルボックスに定評があるのがメイホウ(明邦化学工業)。 当日のフィールドの雰囲気を見て、タックルボックスからタックルボックスバッグへと道具を移す いわば、「母艦」みたいな使い方というと分かりやすいでしょうか。 ただ、これを持ってフィールドを移動するイメージは全くなかったので、「ランガンシステム」特有の機能を便利に使える場面が想像できず、こちらもスルー。

17