ラポール の 形成。 ラポール形成の基本テクニックと・信頼関係構築に使える心理学テク

トーン(高い、低い)• また、品のない言葉遣いや、足や腕を組むしぐさ、髪の毛や顔を頻繁に触る癖など、いい印象を与えない言葉や動作については、相手がしていても真似をしないほうがいいでしょう。

5

そして、相手の 「考え方」、 「価値観」、 「明るさ」、 「静けさ」、 「感情」、 「呼吸」 にも合わせる…、これができると、 【ラポール形成】 が、グッと加速される事となります。

20

具体的には、相手に対する説得力や影響力が生まれず、「良い提案をしても受け入れてもらえない」「ギクシャクした人間関係」「指示や話を聞いてくれない」といった状態になってしまいます。 ページングの具体例を見ていきましょう。 「介護健康福祉のお役立ち通信」の記者・運営者。

5

偶然職場で同じ色の服を着ているだけで親しみが湧く経験はありませんか。 聴覚タイプの人は、「話がガチャガチャしてうるさい」「何を『言っているか』わからない」• 以下の項目がミラーリングの対象です。

17

まずは声についてのポイントです。 つくれたとしても一過性のもので、次のコミュニケーションは成立しません。

ミラーリングによって、相手との距離は縮まり、ラポールが形成される助けとなるでしょう。 そのラポールを語源として、催眠家とクライアントの「親和関係」を表す心理学の用語として元々使われていたのが 「ラポール形成」です。