僕 は 君 が 好き 焼け た 肌 に いい 匂い 曲名。 からあげの唄のタブ譜とコード。TikTokで話題のあの曲が弾ける!! 歌詞付き。

驚いていたら、あっというまにズボンを脱がされて僕のモノを しごきはじめました。

さらに大輔を辱めることには、ランニングパンツはインナーを引っ張り出したかたちではっつけられていて、そばにはこう書かれていた「大輔のきったねーランパン しみついた大輔のチンコの臭い嗅いであげてね。

19

そして、犯している後輩に抱きついた。 忘れるなんて酷いだろ 幸せになんてなるものか 色のない何かが咲いた 君のいない夏に咲いた 人に笑われたくないから 怯えるように下を向く 心より大事な何かが あってたまるものか 暮れない夕に茜追い付いて 君を染め抜いた 見えないように僕を追い越して 行かないで 僕たち神様なんて知らん顔 何処までだって行ける なぁ、心まで醜い僕らだ 世界は僕らのものだ 音楽だけでいいんだろ 他人に合わせて歩くなよ 教えてくれたのはあんたじゃないか どうだっていいよ、このまま遠くへ 誰も知らない場所で月明かりを探すのだ 名もない花が綺麗とか どうでもいいことばっかだ 君の口癖が感染ってる 喉の真下には君がいる 言葉も生活も愛想も 全て捨ててこそ音楽だ その価値も知らないあんたに わかって堪るものか 暮れない夕に茜追いついて 僕を染め抜いた いつか時間が全て追い抜いて 消えないで 僕たち神様なんて知らん顔 世界の全部が欲しい なぁ心まで醜いあんたの、想い出全部をくれよ 価値観だって自由なら 人を傷付けていいだろ 教えなかったのはあんたじゃないか どうだっていいよ、このまま遠くへ 誰も見てない場所で生きる真似をしてるのさ 酷い顔で踊るのさ 胸も痛いままで 神様僕たちなんて知らん顔 何処までだって行ける なぁ、言葉が世界だと云うなら、世界は僕らのものだ 忘れるなんて酷いだろ 幸せになんてなれるかよ 僕を歪めたのはあんたじゃないか そうだった、僕はこのまま遠くへ 誰も知らない場所で月明かりを探すのだ. たった2週間で人は人を好きになれるのかって。 道路は亀の歩みのごとく、わずかながら動いている。

クー「申し訳ありません。 そのようすは明らかに美少年を自分達よりも格下に見ていた。

1

理知的そうな女の子のレジで買い物をする 3. 「こいつどーしますかぁ?起こすんなら俺が起こしてやるっすよ」 俺は「早く起こせ」というと後輩は気絶しているガキのケツに自分のチンポをぶち込んでヒーヒー笑ってる。 キミには何だか解ってもらえるだろうか?」 そう言ってクーは突然立ち止まった。 ぎゅっと抱きついているが、後輩に犯されているといういう事は分かっているらしい。

19

その光景に面食らってすぐドアを閉めてしまったが、クラス1の美少年大輔、先生でさえ大輔とのSEXを想像してオナニーすることだってある. 犬が喘いだ(はじめて見た) 犬が美少年にのしかかったまま、腹を地面に(美少年)擦りつけた。 つづきが読みたい人がいたら、また書きます。

8

だって・・さ・・」 俺「だって何だよ?」 美少年「・・・・・」俺「何だって訊いてんだよ」美少年「・・とぼけんな! 逆らったらその分あんたにメチャクチャにされるんだぁ(大声で) 」 しばらくして美少年の「・・ぁ・・」と言う声が入った。

6

大輔は男子生徒32人全員の、それぞれが、こんなに出たのは初めてだと思うぐらいの精液を浴びせられて、全身精液まみれでベトベトだった。

12