泉 鏡花。 Category:Izumi Kyoka

翌年起,他陸續於《中央公論》雜誌上,發表〈三個盲者的故事〉、〈印度更紗〉、〈海神別莊〉等作品;1914年(大正3年),他的《日本橋》在千章館出版,隔年在《三田文學》發表〈月光花〉,於春陽堂出版《鏡花選集》和《遊里集》。

5)と評する匿名時評も現れた。 位於金澤的。

2

」 辻町は、うっかりいった。 (新字新仮名、作品ID:4559)• 浅茅生 (新字新仮名、作品ID:48382)• 但在一切準備就緒,手術即將開始之時,夫人卻堅持不肯被麻醉。 さきでも目障りになったろう。

4

三之巻 (旧字旧仮名、作品ID:4569)• この記事では、大学時代に泉鏡花作品の魅力に惹かれた筆者が、泉鏡花の生涯とその凄さを解説してまいります。 誓之巻 (旧字旧仮名、作品ID:45942)• 「その 嬰児 ( あかんぼ )が、 串戯 ( じょうだん )にも、心中の仕損いなどという。

15

」 「しばらく、しばらく、まあ、待っておくれ。 這種寫文章必須採用書面體的寫作手法,到了明治20年代開始逐步改變。 勝手口 (新字新仮名、作品ID:48389)• 1900年問世的《高野聖僧》描寫一個怪獸怪鳥襲擊人的故事,說明人在世上要受到不可抗拒的力量、鬼神的力量、佛教的力量的支配,充滿浪漫主義的色彩。

17

如果高峰與伯爵夫人之間的交集,就僅止於九年前那一次萍水相逢的邂逅,那麼以文本中可讀到的訊息來說,在一見鍾情之後,兩人唯一一次的接觸就是手術檯上的那一刻。 1900年、代表作である「高野聖」を発表。

18

年月が余り 隔 ( へだた )ると、 目前 ( めのまえ )の菊日和も、遠い花の霞になって、夢の 朧 ( おぼろ )が消えて 行 ( ゆ )く。 そのかわり、遠国他郷のおじさんに、売りものを新聞づつみ、紙づつみにしようともしないんだぜ。

(新字旧仮名、作品ID:48409)• 作品及其生活際遇 如果說,每部作品代表作家的思想投射的話,那麼泉鏡花處女作《冠彌左衛門》(在《京都日出新聞)上連載》和另一部小說《貧民俱樂部》中有所流露,這也是他創立觀念小說的伊始。 這是一場牽動上流社會悲喜的大手術。

12