大矢 明彦。 大矢明彦

初先発出場:1971年10月2日、対25回戦()、6番・として先発出場• 616 85 308 282 28 71 14 1 8 111 29 1 1 4 4 17 7 1 30 5. 外部リンク [編集 ]• 元々が、どこのポジションでもできる選手でしたから。

997 4 - - - - - - 28 1976 昭和51 ヤクルトスワローズ 27 121 617 71 3 6. 322 1971 ヤクルト 127 432 377 29 87 16 3 10 139 40 2 3 18 5 28 4 39 9. ヤクルトの中村悠平も期待を込めて名前をあげておきましょうか。 シゲはその当時はもう中日のメインのキャッチャーで、うちの若手選手がもてあそばれるみたいな感じで、バッターボックスで踊らされちゃってね。

15

リーグ通算94試合に出場し2割5分8厘、12本塁打、53打点。

14

2017年8月11日閲覧。

14

、横浜の監督に再び就任。

現役引退後はヤクルトの二軍バッテリーコーチ( - )、一軍バッテリーコーチ()、二軍監督兼バッテリーコーチ( - )、一軍打撃コーチ( - )を歴任。 出場:3回 (1984年、1985年、1987年) 背番号 [ ]• 1974• リーグ通算94出場、32684、. 翌夏の都予選準々決勝では、のいたに延長15回サヨナラ負け、甲子園には届かなかった。

4

この 存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。

1