独立 行政 法人 水 資源 機構。 独立行政法人水資源機構法|条文|法令リード

)の規定によりした処分、手続その他の行為は、通則法又はこの法律中の相当する規定によりした処分、手続その他の行為とみなす。 第二十二条 国は、特定施設の操作、維持、修繕その他の管理に要する費用及び特定施設についての災害復旧工事に要する費用のうち、洪水調節に係る費用その他政令で定める費用を機構に交付するものとする。 以下「通則法」という。

1

ただし、副理事長が置かれていない場合であって理事が置かれているときは理事、副理事長及び理事が置かれていないときは監事とする。 独立行政法人水資源機構の業務運営に関する省令の一部を改正する省令• 広報誌「水とともに」 機構管理ダム一覧 [ ] 備考:黄色欄は建設中・計画中、赤色蘭は中止に伴う地域整備中のダム(2017年5月現在)。

10

)の定めるところにより設立される通則法第二条第一項に規定する独立行政法人の名称は、独立行政法人水資源機構とする。

1

)又は当該事業実施計画に係る水資源開発施設を利用して流水をかんがいの用に供しようとする者の組織する土地改良区の意見を聴くとともに、第二十五条第一項の規定による費用の負担について当該費用の負担をする者の同意を得なければならない。 水路事業本部• )は、その時において機構が承継する。

14

)並びに同条第6項及び第7項の改正規定に限る。 2 機構は、水資源開発施設(これを利用して流水を水道又は工業用水道の用に供しようとするものに限る。 1)事業費・工程の管理および事業評価などによるダム等事業の施設の整備 2)ダム等の建設に関する新技術の活用および計画・設計・施工の最適化 3)ダム建設に付帯道路に関する委託工事の実施 4)ダム管理用発電の導入等によるダム再生の取り組み 5)特定河川工事の代行の実施 ポイント5:用水路等の建設 5つ目は、「用水路等の建設」に関する業務です。

5

4 前条第四項の規定は、前項の都道府県の負担金について準用する。

13

ポイント3:危機的状況への対応 3つ目は、「危機的状況への対応」に関する業務です。 )、第163条、第166条、第167条、第171条 (廃棄物の処理及び清掃に関する法律第5条の5第2項第5号の改正規定に限る。

以下「旧水公団法」という。 7 機構は、前項の規定により事業実施計画を廃止しようとするときは、政令で定めるところにより、あらかじめ、第三項の規定により意見を聴いた者(当該事業実施計画の廃止前に事業からの撤退をした者を除く。 (2)入札情報メールマガジンの登録 入札情報をメールマガジンにてお送りするサービスを行っていますので、是非、ご活用下さい。

18