居丈高 読み方。 居丈高の意味とは?読み方は?使い方や例文も紹介!

「居丈高」の使い方 「居丈高」は陰口になりやすい言葉なので、人に向けて使うのは好ましくない表現です。 連濁とは2つの語が結びついて1つの語になるときに、 後ろの語頭が清音から濁音に変化するというものです。

なので、 「 座ったときの背が高い様子」 というのが本来の意味です。 「居丈高」の対義語は「柔和」 「居丈高」と反対の意味をもつ言葉(対義語)には「柔和」が当てはまります。 ただ 一般的には融通は「ゆうずう」と読むことがほとんどです。

4

「居丈高」と「高飛車」の違い• 居丈高は威圧感や横柄、権力の誇示などに合わせて、怒りの感情を含んでいるようなニュアンスがあります。 どんな場所や相手に対しても「居丈高」にはなりたくないものです。

4

横柄(おうへい) 「高飛車」は将棋が語源の言葉で、「高圧的な態度にでること」「頭ごなしに相手を抑え込む」という意味があります。 ・I believe that there are more and more people with a high and mighty behaviour. また、「居丈高」の「居(い)」が「威圧」の「威」から連想され、「威丈高」と表記されるケースもありますが誤りです。

18

正式な漢字表記は「居丈高」が正解です。 つまり「2」の意味が本来正しく使われていたものであり、 「1」や「3」の意味は「2」から転じ、後に人々の間に広まり使われるようになったようですね。

7

そのことから「威圧するような態度をとるさま」を意味するようになりました。 結論から言ってしまうと、 居丈高の正しい読み方は「いたけだか」になります。

2