パーマ カルチャー と は。 パーマカルチャー関西

現金を使い始め、ポルトガル語やブラジルの社会事情を学び、自分たちの存在をアピールし、先住民ネットワークを作るためにインターネットを導入しようとしている。

17

あえていうなら、森羅万象の関係性をじっと見据え、それらをいかに美しく、気持ちよく配置し、つなげて行くか。 更には様々な科学技術が猛スピードで展開する社会の中で、私たちが明日もまた、心地よい日を迎えられる生き方とはどのようなものなのでしょうか。

19

もう二度と、彼らの伝統的な暮らしに触れることが出来なくなるかも知れない。 昔は街中に槌(つち)の音がひびき、大工さんが鋸(のこぎり)と鉋(かんな)を使って家をつくっていて、その風景を誰もがみていたものです。

14

時々はサルやバクなどのほ乳動物を狩る。 この適切な関係をデザインすることが パーマカルチャーでいう 「デザインすること」 パーマカルチャーはこの関係性のデザインを自然に当てはめたもの 人間も自然の一部だから人間関係や社会のデザインなどにも応用できる パーマカルチャーは今あるモノの関係性をデザインするから、 誰だっていつからだって始められる。

15

ホルムグレンの日本滞在記『日本におけるパーマカルチャー』参照。

8

完全な自立的暮らしとして、タイのパーマカルチャーファームやうちもだいぶ究極的にやっていますが、みんなにこうしろという話ではなくて、少しずつ自立的暮らしの割合を増やしていきましょうよ、と呼びかけています。 取り壊された家の残骸はまた森に返され、土に戻る。 昨年から取り組んでいる パーマカルチャーガーデン bija 食べられる庭 ビジャとはサンスクリット語で種のこと この草や虫も共存する豊かな平和な世界が広がることを夢見て種を蒔き続けます。

身土不二の知恵 生きて行くのに必要なものは、数キロ四方の森から手に入れる。 かつてちで遊び、走り、散歩する ぼくが制作したメイナク族のドキュメンタリー・ビデオを見たあとこの文章を読みあげると、聞いた人は「ああメイナクの人びとは昔から同じような暮らしを続けてきているのだ。 100年前の日本の普通の人びとは、インディオのような「しあわせ」や「自然」と言う言葉を知らない世界に生きていたのではないか 実際に「自然」という言葉は「Nature」の翻訳語として明治以降入ってきた。

11

パーマカルチャーが主張する変革は底辺から、一人ひとりの内から始まる。 「…ひとつは人類学で、もうひとつは生物学。

18