Youtube ダルビッシュ。 ダルビッシュ有の「YouTuber適性」を高いと判断する理由|NEWSポストセブン

挙式には、父・ファルサ、同年3月に誕生した長男ら家族のほか、、、、にV旅行中の西武・、らが参列して祝福した。 NPB時代には全ての球種が平均的なNPBの投手を上回る質を持つことが示されていた。

では12球団で投手3部門で1位で日本生命賞を受賞。 0 156 5 36 0 6 276 10 1 42 37 1. クライマックスシリーズ1試合14奪三振:史上最多(2008年10月11日 日本シリーズを含むポストシーズン史上最多である)• 1 916 58 333 2 50 1250 36 3 310 281 1. 初ホールド:2006年9月27日、対20回戦(札幌ドーム)、6回表に2番手で救援登板、2回無失点 NPB打撃記録• 21歳でのMVPは、の20歳に次ぐ年少記録となった。

17

42の成績でリーグを受賞。 初戦に先発し、7回1失点の好投を見せて後をリリーフ陣に託したが、9回に抑えのが同点打を打たれてしまい、勝利投手を逃してしまった。 3月5日、日本代表の初戦である戦に先発投手として出場し、4回を無安打無失点に抑え勝利投手となる。

20

NPB時代に5年連続防御率1点台を達成。 7月24日のオールスター第1戦に中1日で先発登板したが、の投手強襲打が右肩を直撃してしまい、1回を投げ終えて緊急降板した。

評価 [ ] 『』実施の「球界200人が選ぶ歴代投手ランキング」では1位に選出されている。 彼ら(カブス)に3点入れさせるな、そうすれば勝てると思った。 2007年からはカットボールと縦スライダーを、2008年からはを習得し投げ始めた。

さらに、6月6日の戦 札幌ドーム で、プロ入り初の2桁奪三振を記録。

5

同試合では8回まで完封しており、1987年の以来となる「高卒新人一軍初登板初先発で初勝利・初完封」という快挙も期待された。 チームは3勝4敗でワールドシリーズ敗退に終わった。 後半戦の戦線離脱があったが、現役の先発投手で唯一となる3年連続WHIP1. 元総合格闘家の 、元俳優のは弟である。

17