Question: 妊娠中はどんな下痢薬が安全であるか?

妊娠中の女性のための最も推奨されている抗側皮はカオリンと - ペクチン型の薬物(カオペクテート)です。ビスマスサブスマリチル酸ビスマス(ペプトビスマオール)またはアトロピン/ジフェノキシレート(Lomotil)を含むアンチミン性細胞を避けてください。妊娠中の下痢のために取ることができるのですか?

は妊娠中にイモジウムの安全ですか?

妊娠中に指示されたようにイモジウムを服用しても大丈夫かもしれませんが、それが安全であることを示す証拠はありません。 。イモジウムはカテゴリーC薬物です。 FDAは、妊娠中にどれほど安全か危険なものを示しています。

は最初の学期の間に下痢okですか?

下痢は妊娠初期の兆候ではありません。あなたがあなたの最初の学期で下痢や他の消化的な問題を経験できる可能性があります。あなたの妊娠中の早い時期に、あなたの体はたくさんの変化を経験し始め、そしてこれらはあなたの腸の動きに影響を与える可能性があります。

下痢は胎児の赤ちゃんに害を及ぼすことができますか?

医者は下痢を検討することができます1日に3つ以上のゆったりとしたゆっくり腸の動き。持続性下痢は、脱水と栄養失調につながる可能性があります。妊娠中は、これは女性と胎児に害を及ぼす可能性があり、深刻なまたは持続的な下痢を持つ妊娠中の女性は即時の医学的注意を求めるべきです。

Write us

Find us at the office

Jankovic- Dentler street no. 93, 72400 Hanga Roa, Easter Island

Give us a ring

Trust Lio
+11 605 163 101
Mon - Fri, 7:00-22:00

Say hello