Au パケ 放題。 auのパケット定額プランについて

機種変更はauが出してる新機種なら初期設定済み てことでした auでは現行のスマートフォンプランではかけ放題のみとかパケット定額がないプランは選択できないので、私みたいにかけ放題だけが可能だったキャンペーンプランをいつまでも使ってる人は少なくパケ死についての対応は基本ないみたいですね その後の経過 6月になりパケ死した先月の料金が確定しました 調整額という名目になっています 通信量が全額割引され、約束の通りパケット定額料が加算されていて、差額で5000円ほどは救済措置として、割り引かれた計算になります 何もなければ3,000円弱なので、プラスメッセージを触ってみるが為に、6,000円ほど余分に支払う事となりました そのプラスメッセージも、結局はー こんにちわ こちらも「ブログ記事で救済受けれたというコメントを頂いた」という事を伝えていなかったら、おそらく「残念ながらー」となっていたと思います 「ブログ記事で救済受けれたというコメントを頂いた」だけでは「そちらの方はおそらくガラケーだと思われ(ガラケーはパケ死救済を行っている)スマートフォンはやっていない」との話でしたので合わせて、その方のプラン名「LTEプラン(V)」(このプランはスマートフォンのみのプラン)を伝えたところ、2・3日お待ち下さいとの事で、翌日連絡があり、記事の様な結果となりました 「他の方が同じ条件で割り引きがあったとしても、同じ様に割り引きが出来るとは限らない」というのを前提にされてたので、確実ではありませんが「同様の内容で救済を受けたというブログ記事を見た」等を伝えれば救済措置を受けられる可能性はあると思います その際、このブログを伝えて頂いてもこちらは問題ありません また、auサポートとの会話は全体を通して、穏やかに済んでいます 私の契約プランはカケホ(CP)、LTE NET・従量課金でプラスメッセージの初期設定のみを実行 18MBのパケット代1万円ほどでした なるほどです もしかすると私が連絡した時のサポートの人が良かっただけなのかも知れません 何度か担当の上司?に確認しにいって途中無理っぽそうな話でしたが、その人自体は割り引きに前向きに考えていてくれた感があり結果、後日連絡となりました 後日連絡があった際、同じ条件下でもユーザーによって対応が変わるという言葉を聞いた時は不信感を感じ、料金設定はともかくそういった部分では割りとauは信用してきていたのでショックでした 泣き寝入り、、非常に残念に思います HIDEさんの情報を頂き、実際にユーザーによって不平等な対応がある事を知ると、これはちょっと納得出来ないですね 一律不可ならそれで良いのですが、ユーザーで変わるなんて事は個人的にはあってはならない対応の仕方だと思います 今の情報時代に、他の人は受けれた受けれなかったなんてスグわかるのにどうなんでしょう コメント・情報共有ありがとうございました. そのときは命の恩人とさえ思ったほどだ。 パケ・ホーダイ フラット [ ] より開始された。

6

2009年のドコモは、各社に先駆けて受信最高速度128kbpsで、指定するアクセスポイントでの通信に関しては上限額を5,985円(本体5,700円)にすると発表した。 そこで、ダブル定額ライトが登場します。 従来のドコモの料金体系では基本料金プランおよびパケットパックの無料通信分は料・パケット通信料とも共通で適用可能である。

20

現在提供している長期利用特典は停止し、2020年3月をめどに、新たな施策を始める。

3

メールやサイトの閲覧が中心であれば、問題ないデータ容量です。 でも記事にしておいてあれなんですけど、 日本の携帯会社の定額サービスを使うよりも、 SIMフリー携帯に現地のプリペイドSIMを 入れて使った方がコストが3分の1ぐらい安く済むので、 個人的にはそっちをお勧めします。 「エクストラオプション」を申し込んでおくと、7GBを超えた以降、2GBごとに2,500円加算。

13

どこで乗り換え作業を行いましたでしょうか? Yモバイル店舗 11. 朝なんかも起きると必ず咳。

理由は、最近屋外での仕事があり、その確認のために携帯電話とノートパソコンを接続してインターネットを利用したためで、利用時間はトータルで3時間ほどです。 関連リンク• 2010年よりNTTドコモのスマートフォン(一部除く)にて等が利用可能になる新サービス「」が開始された。

6