長靴 乾かし 方。 濡れた靴を素早く乾かそう。正しい靴の乾かし方と干し方を紹介

一足に一個カイロを入れて、あとは放置するだけでOKです。 「 同じ靴を明日も履かなきゃいけないのに、もう夜だよ」 大丈夫、 濡れた靴を一晩で乾かす方法をお伝えしましょう! スニーカーと革靴ではやり方が異なります。

1-3)カイロを使って乾かす 手間暇かけずに靴を乾かしたいという方は、カイロの使用がおすすめです。 乾燥機は、しっかり乾かしてくれるのでとてもいいのですが 中に水分があると乾きづらいので、ある程度タオルなどで 水分を拭き取ってからにしてくださいね。 ゴムが溶けてしまうといったことはないと思いますが、確実に素材を傷めてしまうため、劣化が進みやすく長く履き続けることができなくなってしまいます。

バケツ バケツは、長靴がすっぽり入る大きさのものが良いのですが、用意できない場合には洗面台やバスタブを使って洗うこともできます。 タオルなどで水分を拭き取ります。

また、靴を干すための専用ハンガーも販売されているので、普通のハンガーを折り曲げたくないという方は靴干し用のハンガーを購入すると良いでしょう。 、 洗うのが面倒な時は、底を水で流すだけのこともありますが、 タオルなどで包めば洗濯槽に触れないので気になりません。 油や薬品に弱く、劣化も早く伸び縮みしなくなり亀裂が入りやすくなります。

ですが、靴の延長線と考えれば特に難しいものではありません。 難点は、ドライヤーで乾かすとゴム臭くて辛いこと。 そこへ洗剤を入れてください。

7

内側は汗などがついているため、特に念入りに洗いましょう。 洗剤の残りがないようによくすすぎます。 10円玉の素材である銅には殺菌作用があるので、においを消してくれるらしいです。

使用後の重層は、そのまま風通しの良い場所に干しておけば、繰り返し使うことができます。 短時間で靴を乾かすために、正しい干し方も確認しておきましょう。 天然ゴム 天然ゴムはゴムの木からとれる樹液を加工して作られたものです。

4