お 体 に お気 を つけ て お過ごし ください。 「お体に気をつけて」は正しい敬語?使い方や類語も|いたわる/ご自愛

「お体にお気をつけてお過ごしください」 これは正解です。 「元気でね! 病院などで言われる『お大事に』という言葉は、お大事になさってくださいを省略したものです。

5

ご自愛ください• 明日からまたよろしくお願いします!」といった形で使います。 ・お心づかいに感謝いたします。 目上の方に対して使う場合はそうした表現に言い換えるとよいでしょう。

7

「ご自愛ください」はいつでも使うことができる表現ですが、前後にその季節にあった言葉を入れる必要があります。 「体」「身体」「体調」どの表記が正しいの? 「体」と「身体」では言葉のニュアンスが少し違う 「からだ」には、「身体」「体」の2つの表記があります。 くれぐれもよろしくお伝えください。

5

「気をつける」と「過ごす」がそれぞれ独立した動詞であるため、つなげると「気をつけてお過ごしください」となります。

5

・来週の月曜は大事な会議があるので、くれぐれも忘れないように。 一方で「体調」の場合は、どちらかというと体の調子について言及するニュアンスです。

7

」というようにきちんと後に言葉を続けましょう。

10

謹んで新年のご祝辞を申し上げます 旧年中は公私にわたって大変お世話になり、心より感謝申し上げます。 日本語の文法としては正しい。

9

「お体」の「お」は丁寧語、「お気をつけて」の「お」は尊敬語です。 しかし、手紙などに結びの挨拶としてこうした気遣いの言葉を少し添えるだけで相手からの印象がぐっと良くなります。