紫陽花 挿し木 水栽培。 アジサイの育て方|鉢植えや植え替え方法、肥料の量や枯れる原因は?

これが挿し木になります。 水やりは朝晩2回たっぷりと。 この方法は、幾つか挿し木がうまくいかなくても、多く挿したぶん成功した挿し穂が多くとれるので一番のオススメです。

20

一番右の茎は、1回目の挿し木です。 また株の大きさが一定になりますから、一サイズ大きくせずにすみます。

9

一気に決める、一段階の剪定 2度も剪定するのが面倒な場合、花後すぐに花の咲いていた枝を、花が咲かなかった枝との分岐点で切り落とします。 1回目の挿し木の脇芽は、前回の紫色から緑色の部分が増えています。

9

いよいよ作り方です。 挿し木は6月~7月に行う。 日当たりがよく乾きやすい場所では、株のまわりに敷きワラなどマルチングをおこなう方がよいでしょう。

12

ダンスパーティの挿し木は、大成功でした。 いずれにしても広く気温の差に適応できる強くて栽培しやすい花ですので、専門知識がない方でも簡単に栽培することができるので、是非挑戦してみてください。 上手に育てるための基本情報を知っておきましょう。 アジサイ(紫陽花)の基本データ 学名:Hydrangea 科名:アジサイ科 ユキノシタ科 属名:アジサイ属 原産地:東アジア、南北アメリカ 和名:アジサイ 紫陽花 、シチヘンゲ 七変化 英名:Hydrangea 開花期:6~7月 花色:青、紫、ピンク、赤、白、緑 切り花の出回り時期:4~7月 花もち:5日程度 アジサイは、樹高1~2mの落葉低木です。開花期は6~7月で、4月頃から鉢花が出回ります。額 がく 咲き、手まり咲きなどがあり、花色も豊富で、世界的に人気の高い花木です。 葉は先のとがった楕円形で、多くは光沢があり、秋から冬に落葉します。

これらをブレンドして使用する方もいらっしゃるようですが、単体の使用でも大丈夫です。 植物にとって1番大切たのは? そうです「 土」です。

10