夏 コロナ 終息。 11/16更新【コラム】新型コロナウィルス騒動の終息時期の予測

世界保健機関(WHO)は2020年4月22日、 COVID-19は今後長期にわたり地球上から消えることはないとの見通しを示した 1)。

ショップ(日本正月協会販売部/) 2、正月行事を中心に、日本の伝統の継承、発展、周知に貢献できる仲間を募集中です。 今回は、これから夏に向かう日本で、COVID-19の流行が鈍化するのか、あるいはいつまでに終息し得るのかについて、論文データを踏まえながら考察したい。

その答えを探るために、主にインフルエンザウイルスを対象にした研究が過去に数多く行われてきた。 また、今回の結果では「2020年の夏頃までに終息する」という回答が少なかったですが、 経済的な打撃を考えると、緊急事態宣言をこれ以上延長するのは厳しい状況です。 新型コロナの感染者数が100人以上の国はほとんどがこの10度ラインの北側にある温帯に位置している(3月9日時点)。

専門家は、この先も感染拡大は続くだろうと警告している。 増加を緩やかに以外はほぼ間違い。 新型肺炎が感染者が最初に発表されたのが1月6日。

5

新型コロナ以上の大きな災いに強い危機感(2020年5月9日追記) 去る5月の4日と6日に、千葉県などで震度4を観測する地震がありました。 9%)と答えた人からは 「第2波以降の感染増加は今後も起こり、それらが終息するには、全世界の流行状況からも最低1年はかかる」(60代・産婦人科・開業医) 「コロナを恐れなくなる社会が来て、ワクチンが行き届き、アビガンが開業医で処方できるようになるのはこのくらいかかる」(40代・内科・開業医) などと北海道や海外で話題になった"第2波"の感染拡大や、新型コロナの治療薬候補として効果が期待される"アビガン"が承認され、普及する時期を根拠に挙げる声が多かった。 しかしながら、「新薬(アビガン、レムデシベル、イベルメクチン等)の開発」や、「肺炎以外の新たなる症例(サイトカインストーム、血管の炎症、子どもの川崎病様の症状、血栓による足の炎症)の報告」など、おおくの新たなる報道により、単に「ワクチンが広まれば終息するだろう」との見立ては改めるべきと考えます。

17

私たちのゴールは、実際に感染することなく、ウィルスに感受性のある人数を減らすことです。 やっぱり生きなきゃない。 たまたま仕事が休みでリアルタイムでテレビを見てました。

13

オリンピックまでには終息してほしいですけど・・・オリンピックが開催されないとなったら、経済的影響などを考えると恐ろしいです。 一方、上昇銘柄でパフォーマンスのよかった代表的なものは、 川本産業(3604)で、注目時から約6. 自分で生きなきゃならないから」。

16

いまは増加中で、感染経路が不明な患者もいるので、もっと増えそうだ )。

6

中山大学の研究もその中のひとつと言える。 夏場にマスクを使用することが不慣れな方において最も注意していただきたいのが熱中症です。

16