岩城 宏之。 岩城宏之音楽賞

学校には1年後輩の友人と後輩たちに声を掛け合って集めた学生オーケストラを指揮するために顔を出す一方で、山本とともに東京芸大指揮科教員の音羽の自宅や目白の指揮教室にたびたび通って指揮のレッスンを受けた。 『』などを中心に多数のがある。 9歳でを始める。

卒業に際し市長賞・京都音楽協会賞受賞、同大学大学院音楽研究科修了。 当時、打楽器部の定員は2名で、ただ1人の同級生はジャズドラマーの故・だった。 初代事務長からの誘いと推薦により、(芸大4年)の9月から指揮研究員として副指揮やライブラリアンの仕事を始め、世界一周演奏旅行では常任指揮者、指揮研究員同僚のとともに指揮者陣のひとりとして同行、ヨーロッパ・デビューを果たす。

6

作曲家のは芸大で岩城の1年後輩に当たり、2人は大学時代からの悪友であった。 メルボルン交響楽団時代に作曲『』の演奏で振り間違えたことがある。 管弦楽:イワキオーケストラ• 1954年 - 東京芸術大学在学中にNHK交響楽団の指揮研究員となる。

この節には 複数の問題があります。 岩城が「お義理で拍手するのは……」と言ったのにはそのような背景があり、次の『テクスチュアズ』終了後の拍手に対して思わず「ああいうことを……」と言ったのであるが、岩城自身はこれについては「まったく余計だったと思います」と反省し、さらに演奏会終了後には一連の「演説」について「ああしたことはいうべきでなかったか、と苦しんだ」という。 会場:東京文化会館(東京都台東区)大ホール• 1932年、東京生まれ。

15

後年の岩城の述懐によれば「人生の中でこのときほど一所懸命勉強した時期はなかった」という。

9

公益財団法人青山財団奨学生、宗次エンジェル基金/公益社団法人日本演奏連盟新進演奏家国内奨学金奨学生。

16

岐阜国際音楽祭コンクール第1位、Paris Grand Prize Virtuoso国際コンクール第1位、他多数受賞。

共著や対談集、雑誌記事についてはに詳しい。

11